戻る


水原希子の“股間アップ写真”が国外に飛び火! 交際報道のBIGBANG・G-DRAGONに「あんなビッチと別れて」の声

水原希子インスタグラムより

写真拡大

 モデルで女優の水原希子(24)が投稿した“股間”の写真が発端で、世界的な騒動に発展している。

 タレントのローラを倍近く上回る172万人以上のフォロワー数を誇る水原。彼女は15日、「I'm in love with the rainbow(この虹に恋してる)」というメッセージと共に、白パンツを履いた女性と思しき股間のドアップ写真を投稿。この突然の過激写真に、ネット上は一時、騒然となった。

 水原はこの後、Twitterに「この写真に過剰に反応してる方がいますが、これは私ではないのでご安心して下さい。これはLina scheyniusという写真家さんの作品です」と、再び股間の写真を投稿。続けて「あの写真に下品とコメントされてる方がいます。エロティシズムとアートを下品と勘違いさせている方が多い」「これはアートです。コンビニに並んでいるエロ本は下品です」などと主張。「キャパシティーが少ない人が多くて、その価値観でネガティヴなコメントを貰うのは悲しい」と綴った。

 しかし、騒ぎはこの後も収まらず、水原のアカウント宛てには「中高生だってTwitterをやってるのに」「わいせつ物と捉える人が多いのは事実。他人への配慮が足りない」「Bitch」といったコメントが殺到。

 また、騒動は韓国にまで飛び火。かねてから水原との交際がウワサされているBIGBANGのリーダー・G-DRAGONのTwitterには、「see what your girlfriend(これがあなたのガールフレンドの姿よ)」というメッセージと共に例の写真が送りつけられたり、「あんなビッチと別れて」といった旨のメッセージが寄せられている。

「水原は股間写真を投稿する直前に、ベッドやバスルームで撮影したセルフポートレートを投稿しており、フォロワーが問題の写真を“水原の股間”だと勘違いするのは当たり前。『下品』という意見も、写真家への批判ではなく、『タレントの水原が、自分の股間のドアップを突然、ネットに投稿するなんて……』という意味合いが強いでしょうから、ここで世間の価値観に苦言を呈すのは、少々ズレている印象を受けます」(芸能ライター)

 水原は2006年、未成年飲酒・喫煙をしていたことを自らブログに投稿。これが原因で、専属モデルを務めていたファッション誌「SEVENTEEN」(集英社)との契約が打ち切りに。また昨年10月、G-DRAGONが大麻使用で摘発されたことから、ネット上で「水原も使用しているのでは?」と、あらぬウワサが浮上。もはや、彼女から品行方正なイメージは失われている。

「『剛力以上のゴリ押し』などと揶揄されることも多い水原は、メディア露出の増加と共に、アンチも急増。たびたび炎上騒動を起こしている。8月には、アイス・バケツ・チャレンジの指名に当時妊婦だったモデルの長谷川潤を挙げ、批判を浴びました。海外でも仕事をこなす彼女は、今や“世界的炎上タレント”といっても過言ではありません」(同)

 水原サイドは現在、インスタグラムに寄せられたネガティブコメントの削除作業に追われている模様。だが今後も、彼女の世界的な“お騒がせ”は続きそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網