戻る


ドイツの軍需産業、戦争兵器が輸出ブームに

ドイツの軍需産業、戦争兵器が輸出ブームに

写真拡大

武器輸出が最高レベルに

ドイツの戦争兵器は、良く売れる製品である。輸出はこれまでにない最高のレベルに達した。政治的に物議をかもしているサウジアラビアとの大取引によって、販売数がもっと増えるかもしれない。

ドイツから輸出された戦争兵器は、昨年、約60%、2兆1.190億ユーロ(約228兆6.740億円)相当に上昇した。これは、北大西洋条約機構(NATO)のパートナーに総額の約半値で納品した特殊効果である。実際、2009年の輸出武器は、1兆3.390億ユーロ相当だった。

このことは、7日、連邦政府の武器輸出報告で明らかになった。ドイツは、昨年の武器輸出において、アメリカ、ロシアに続いて第3位である。

Image: Dave Hamster

輸出武器がもたらすもの

今年の夏、サウジアラビアが200台のレオパルド戦車を購入予定していることが公になった。その際に、ドイツ連邦議会議員は、報告を受けていなかったのだが。週刊誌ヴェルト誌の前報告によれば、200台ではなく270台の予定とのことだ。

ドイツの輸出武器が、自国民に対してや人権侵害に利用されていることへの批判も続出している。

ドイツの自動小銃G3やドイツ連邦軍で採用されているアサトライフルG36、その他にも、ピストル、機関小銃、機関銃などは、世界各地で使用されている。これらの小型武器は大量破壊兵器として、大勢の人々が殺害されている。4.950万ユーロの輸出許可のなかで、1.630万ユーロが第三世界へである。

製造ライセンスの許可

60、70年代にイランとパキスタンでドイツの自動小銃G3製造ライセンスが承諾された。それ以来、ドイツはどの国にライフルを販売するか影響を与えられなくなったのである。

2008年、ドイツ政府は、サウジアラビアでのアサルトライフルG36の製造ライセンスを許可した。サウジアラビアで製造されるG36は、自給自足ではない。特定の重要コンポーネントにはドイツからの指示がもたらされる。ただ、サウジアラビアが自分で製造できるようになるのは、時間の問題かもしれない。


▼外部リンク

フォークス誌(Focus Online)
http://www.focus.de/politik/deutschland/ruestungsindustrie-deutsche-kriegsgueter-erleben-exportboom_aid_691856.html

■関連記事
・ドイツ社会民主党(SPD)ジグマー・ガブリエルが党首に再当選!!
・国家試験で初、パソコンを用いた試験開始
・プーチン首相、下院選でサイバー攻撃しかける? 選挙違反口コミサイトがダウン、票操作もみ消しか
・ドイツ海賊党、今年の政党大賞に決定!?
・ネットオークション、救急車-消防車の出品相次ぐ 自治体が利用、高値落札も

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網