戻る


ファーガソンの第一希望はポチェッティーノ招へい…スールシャール体制長期化は計算外?

ファーガソンの第一希望はポチェッティーノ招へい…スールシャール体制長期化は計算外?

写真拡大

マンチェスター・ユナイテッドは2018年12月、ジョゼ・モウリーニョを更迭し、後任にオレ・グンナー・スールシャールを招へい。一時は今季限りの暫定監督だったが、2019年3月にスールシャールは正式に指揮官の座に就いた。

だが、クラブのレジェンドであるアレックス・ファーガソン氏にとって、スールシャール体制の長期化は“想定外”だったようだ。

イギリス『デイリー・メール』でよれば、ファーガソン氏はユナイテッドを率いる人物として、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督を推していたという。

だが、6位でチームを引き継いだスールシャールは一時リーグ4位に押し上げたうえ、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16ではパリ・サンジェルマン(PSG)を撃破したこともあり、3月に正式な指揮官へと就任。ポチェッティーノ招へいの話は立ち消えとなった。

しかし、スールシャール体制で盛り返したように見えたのも一時的であり、CLではラウンド8でバルセロナに敗れ、リーグ戦でも6位に順位を落とす結果となり、スールシャールの指導力に疑問を持つ風潮も。

かつてスールシャールを指導したファーガソン氏だったが、監督としてのスールシャールには信頼を置いておらず、あくまでポチェッティーノが第一希望だったようだ。

来シーズン以降もマンチェスター・Uを率いることになったスールシャール。果たして恩師ファーガソン氏の見定めをひっくり返すことができるのか、19−20シーズンは改めて真価が問われることになりそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網