戻る


巨人、広島の連勝を11で止める! 岡本9号3ラン&重信V犠飛で激走生還

巨人・岡本和真

写真拡大

○ 巨人 5 − 4 広島 ●

<11回戦・東京ドーム>

 巨人が首位・広島の連勝を11で止めた。同点の8回、一死満塁の好機で重信が勝ち越し犠飛をマーク。三走・岡本が決勝ホームへ滑り込んだ。

 巨人は1点を追う1回裏、この試合1番に入った亀井の左前打などで一死一、二塁の好機を作り、4番・岡本が逆転となる9号3ランを左翼席中段へ運んだ。4回には6番・ゲレーロが8号ソロを右翼席へ。先発の山口は6回1失点と力投し、3点リードで終盤戦に入った。

 しかし7回、2番手のアダメスが連打を浴び失点すると、なおも一死満塁から、4番手の田原が代打・長野に同点となる2点適時打を中前へ運ばれた。

 それでも8回、先頭・岡本の左前打などで一死満塁とし、途中出場の重信が決勝点となる中犠飛を放った。9回は中川が締め3セーブ目(1勝0敗)。8回を無失点に抑えた沢村は今季初勝利(1敗1セーブ)を手にした。巨人は同一カード3連敗を阻止。首位・広島とのゲーム差を再び2に縮めた。

 広島は3点を追う7回、集中打を浴びせ3点を奪うも、反撃は同点止まり。8回は4番手・フランスアが決勝点を許し2敗目(4勝)を喫した。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網