戻る


F・トーレスはついに出番なし…鳥栖が豊田陽平の劇的弾で鹿島撃破!! 新体制発足から3連勝で降格圏脱出!

鹿島戦で決勝点を挙げた豊田。写真:徳原隆元

写真拡大

 J1リーグは5月26日、各地で13節の6試合を開催。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、ホームの鳥栖が1対0で勝利を収めた。

 試合は一進一退の攻防が続き、0対0のまま推移。30度以上の暑さの中で、拮抗した展開が続いたが、ドラマは終盤に訪れた。後半アディショナルタイムの90+4分。途中出場の小野裕二が左サイドを破り中央へ折り返すと、これを豊田陽平が左足ボレーで鹿島ゴールに突き刺した。

 土壇場で飛び出した豊田のゴールが決勝点となり、鳥栖は金明輝監督が就任以来3連勝。これで鳥栖は勝点を13として降格圏を脱出した。一方、新体制発足以来、ベンチスタートから途中出場が続いていたフェルナンド・トーレスにはこの日、ついに出番は訪れなかった。

 また鹿島は勝点23のままで、6位に後退した。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網