戻る


iPhone SE2やディスプレイ指紋認証機能? 2020年の噂がワクワクさせる

Photo: Shutterstock

iPhone SEは不滅なのだ…。

何度目の噂なのかすでにわからないのが正直なところですが、海外からはiPhone SE後継機(iPhone SE2)が2020年に登場するという噂が届いています。さらに、同じ年のフラッグシップiPhoneは全画面のディスプレイ指紋認証機能を搭載するかもしれないんです。

バークレイズ証券アナリストのBlayne Curtis氏がアジアのサプライチェーン筋から集めた、今回の情報。まず2020年の新型iPhoneでは次世代通信規格「5G」がサポートされ、リアカメラには3Dセンシング機能が追加されます。さらに、画面全体を使った指紋認証機能が搭載される、とのこと。

おお、Androidスマホで人気の画面認証機能が、ついにiPhoneにもきますか! 現行の顔認証機能「Face ID」とどちらが速いのかなど、非常に気になりますね。

また、"一部のサプライヤー"は、「iPhone 8」の内部パーツを流用したiPhone SE2が2020年の早い時期に登場するとしています。しかし、他のサプライヤーは情報を持っていなかった、とのこと。以前には4.8インチサイズの「iPhone XE」の噂もありましたが、はたして僕らのiPhone SEが復活することはあるのでしょうか?

また今年投入されるであろう次期iPhoneについては、リアカメラの数が増えるものの、そのデザインはほぼ変わらないそうです。これは、以前にも情報があったiPhone XS/XS Max後継機のトリプルカメラ、iPhone XR後継機のデュアルカメラを意味していそうです。

さらに次期iPhoneでは「3D Touch」機能は廃止され、おそらくは「Haptic Touch」に置き換えられるとのこと。また、iPhone XR後継機のメモリは3GBから4GBにモリモリになるとしています。

iPhoneはこれまで、1年おきにメジャーアップデートが実施されてきた歴史があります。しかし「iPhone X」は2018年に発売されるはずだったとの証言があり、それを考えれば2020年モデルこそ新のメジャーアップデート端末となるはず。iPhoneはいつ買い替えればいいのか、実に悩ましいですね。

Source: MacRumors

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網