戻る


私の腕の中で、息を引き取った息子が教えてくれた「言葉のチカラ」

『ありがとう。ママはもう大丈夫だよ ― 泣いて、泣いて、笑って笑った873日』(ライトワーカー)より

写真拡大

『ありがとう。ママはもう大丈夫だよ ― 泣いて、泣いて、笑って笑った873日』の著者・武藤あずささんは、普通の母親として次男を出産。しかし突然、わが子の余命宣告を受けます。最愛の息子との限られた時間を、どう幸せに生きるか。苦しみながらも、たどり着いた先に見えたのは「言葉のチカラ」でした。生きる意味を教えてくれた、ある家族の物語――。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網