戻る


Webで全編見れてしまう4つの短編映画が、わざわざ劇場公開される理由

アサヒ飲料株式会社が、カラダカルピス500のパッケージのリニューアルに伴い、特設サイトで「カラダカルピス500メカニズム映画祭」を開催中です。

4人の映画監督による4本の短編があり、山下敦弘監氏、瀬田なつき氏、片山慎三氏がすでに公開中。沖田修一氏の作品が6月4日公開予定です。

これらの短編映画は、東京・テアトル新宿にて6月4日の1日限定で劇場上映されます。

話題の監督たちの力比べのような短編集

4作品は、カラダカルピス500の機能説明動画を原作にして、「継続」「沈殿」「粉砕」「燃焼」をそれぞれテーマにしています。

しかし映画の中に商品が登場するわけでもなく、自由な発想で作られています。クオリティが高く、監督たちの力比べをみるように楽しめます。

「継続」をテーマにした山下敦弘監氏の「idle time」で描かれているのは、立ち退きを迫られた喫茶店で起こる、客たちの人間模様です。常連客の「中断」した人々がさまざまな気持ちを抱えています。「一人暮らしなんか、だいっ嫌いなんだよ」の一言が重い。話の続きが見たくなる作品です。

出典元:アサヒ飲料株式会社 プレスリリース

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網