戻る


キャバクラに巣食うモンスターおっさん客…20代キャバ嬢が激おこ!

写真はイメージです(以下同じ)

写真拡大

 迷惑な老害客に出会う確率が非常に高いキャバクラという職業。ある程度の偉そうな態度は我慢できるものだが、「若いというだけで下に見てくるのは本気でムカつく」と語るのは20代のキャバクラ嬢達だ。

 今回は、今ドキの若いキャバ嬢に、実際に店で出会ったという迷惑な老害客エピソードを聞いてみた。

◆キャバ嬢=低学歴だと思い込む客

「嫌なのはキャバ嬢をバカだと思って下に見てくる客ですね。まぁ、それぐらいはよくいるのでこっちも受け流せるんですが、1番ウザイのは『自称・教育関係』の仕事の客。その客は60歳ぐらいで、『東大卒』『今まで偏差値の低い子供たちを何人も東大クラスに合格させた』というのが口癖でした。それが私だけにならいいんですが、30代の子供がいる先輩ホステスに『子供がいるなら俺が天才に育ててやろうか?』としつこく勉強法やら教育について語りだしたときは、さすがにドン引きしましたよ。

 その話が本当かどうかも分かりませんし、そんなにすごい人なら検索すれば名前が出てくるはずじゃないですか(笑)。調べても名前が出てくることもないし、毎回その話ばかりするのでさすがにムカついていたら、先輩ホステスに『可哀相な人なんだから優しくしてあげなよ』と言われました。以来、その客に着くときは介護のつもりで接するようにしています(笑)」(Aさん・20歳)

 こう語るAさん自身は現役の大学生だ。「キャバ嬢=低学歴」という一昔前のイメージだけで判断してくる客はいまだにいるようで、迷惑で失礼な話である。また、学歴以外にも若さだけで下に見てくる老害客は多くいるという。

「普段はスナックで飲んでいるという50代の客。よほどそのスナックがお気に入りなのか、しょっちゅう接客の違いを指摘、説教してくるんです。『俺がよく行っている店の女の子はすごい俺に興味を持って話を聞いてくれる』『俺が〇〇ちゃん着けてというと必ず着けてくれる』『この店は若くて水商売を知らない新人しかいない』など……。

 そもそもスナックとキャバクラではシステムが違うし、その客自体が指名もしない万年フリー客。着いたことのない新人が着くのは当たり前なんですよ。まぁ、そんなことばかり言っているもんだから女のコたちからも『あの席はイヤダ!』とNGを出されていますね。おそらく何軒かのキャバクラで出禁になって、大衆店のうちの店にしか来れないんだと思います」(Rさん・23歳)

◆若いキャバ嬢としか話さないおじいちゃん客

 20代女子が苦言を呈する老害客エピソードは他にもある。

「もう70歳近いおじいちゃんなんですけれど、10代後半〜20代前半のキャバ嬢としか話さないんですよ。しかも話す内容はいつも同じで、去年別れた元彼女の話をするんです。ウチは店に大きなモニターがあって、そこで洋楽のミュージックビデオを流しているんです。それに出てくるアーティストを見ながら『このコ、俺の元カノに似ているんだよ』から話が始まります。『元カノって何歳だったの?』と聞くと『19歳』との驚愕の返事が……。その元カノの設定は毎回変わり、時には17歳ということもありました。

 その後は必ず、元カノとの夜の営みエピソードを永遠に話してくるんです。『元カノは騎乗位が好きだった』とか『車の中のプレイは最高だった』とか。本当だったら犯罪のニオイがプンプンするし、妄想だとしても危なすぎる……。もしかして『自分は若いコと関係を持てるすごい男』とアピールして口説いているのかもしれませんが……もしそうだとしてもロリコンはキモ過ぎます」(Cさん・21歳)

 説教にセクハラまがいの話…。若いというだけで偉そうに振る舞う老害客がいる限り、20代キャバクラ嬢の悩みは尽きない。<取材・文/カワノアユミ>
― シリーズ・店員が語る困ったモンスター客 ―

【カワノアユミ】
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網