戻る


東京駅は山梨県? 乗降人員数や運転本数、ロッカー数からみる

北へ南へ新幹線が発着し、地下深くから高架まで多層構造をもつ―――東京駅。

東京駅の1日の平均乗降人員数(東京駅から改札を出た人+改札を通って東京駅構内に入った人)は、JR東日本の公式サイトより(2017年度)調べによると、約90万人。

これは、山梨県の人口総数に近いんだとか。東京都で現在、一番の人口が多いとされている世田谷区は、90万319人。東京駅は1日で、これらに匹敵する人数が改札を通っていると。

では運転本数は?

東京駅は2006年、1日(平日)に約3400本もの電車が運行していた。ここに長野行新幹線が北陸新幹線として延伸したことや、上野東京ラインの開業で乗り入れ線区が増えたことなど、新た流入ルートが拡大し、2019年時点では1日平均(平日)で約4000本に。

しかもこれ、JR東日本の列車の本数だから、地下鉄なども含めればもっとある。

最後はロッカー数。その数なんと5649口!

ちなみに東京駅のコインロッカーは、1階に24か所、地下1階で18か所に点在し、JR東日本 LINE公式アカウント「JR東日本 Chat Bot」を使うと、現時点で空いているコインロッカーがわかる。これは便利。

また、ecbo cloak(https://cloak.ecbo.io/ja)も使用OK。コインロッカーとは違い、東京駅構内の手荷物預かり所に事前予約し、荷物を預けるスペースを確保してもらうというサービス。これもありがたい。

<Tokyo Station City>
http://www.tokyostationcity.com/

<東京駅Facebook>
https://www.facebook.com/TheTokyoStation

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網