戻る


キンプリはプレミア、NEWSは高値安定、キスマイは原価割れ……チケット相場に見る「ジャニーズ人気」のリアル

 来年の夏に迫った東京五輪のチケット購入申し込みの受け付けが開始される中、ついに6月14日、「チケット不正転売禁止法」が施行される。これまでも駅など「公共の場」での転売、つまりダフ屋行為は条例などで禁止されてきたが、ネットは対象外だった。

【ランキング】ジャニーズチケット相場ランク1〜3位

中でもダントツで人気なのは……

「いわゆる『転売ヤー』と呼ばれる高額転売業者にとっては最後のかき入れ時です。やはり熱いのはジャニーズ。コンサートチケットで、いちばん商売になるのはジャニーズのコンサートなんです。ただ、それでも最近のジャニーズはピンキリ。転売価格にはグループの本当の需要が表れているんです」

 こう語るのは、チケット転売で年間約2000万円の利益を出している転売業者のA氏だ。そもそも転売ビジネスはどのように行われているのか。

「ジャニーズ事務所所属タレントのコンサートチケットには一般チケットもありますが、ファンクラブ会員以外が入手するのはかなり困難です。だから、私は数百名の友人や知人の名義を借りて、ファンクラブに入会し、コンサートのたびに全員分申し込んでいるんです。とはいえ、名義も資金も限られるので、効率よく稼ぐためには、どの公演が売れるかの判断が何よりも重要。だからファンよりもずっとシビアに全グループのチケット相場を見ている。リアルな需要には詳しいですよ」

 ダントツで人気なのは、いまやジャニーズ帝国不動の王者となった「嵐」だ。その人気は2020年12月末での活動休止が発表された後、さらに加熱している。


チケットがなかなか当選しない「嵐」 ©文藝春秋

「200名義分のファンクラブに入ってチケットを申し込んでも、5枚程度しか当たらないというのはザラ。当選率が低すぎて、ファンクラブ代すら回収できないこともあります。嵐は入会してから最低3年間はチケットが当たらないという都市伝説もあるほど。あまりの人気に、転売業者ですら避けるのが嵐です」

ドームチケットが売り切れるのは、嵐と関ジャニ∞だけ

 2番手は「関ジャニ∞」。人気メンバー・渋谷すばるの脱退や、続く錦戸亮脱退疑惑(「週刊文春」3月14日号)で揺れる6人組だが、「今のうちに観ておこう」というファン心理が働いたのか、チケットは高値安定。

「渋谷すばる脱退で少し人気に翳りがみえるも、依然として5万人規模のドーム公演チケットは即完売。今ドームチケットが売り切れるのは、嵐と関ジャニ∞だけでしょうね」

 転売価格には、会場の収容人数も大きく影響する。ドーム公演なら5万人、アリーナ公演なら2万人前後を集客する実力がなければ、“チケット余り”が発生する。Kis-My-Ft2が5月に開催した東京ドーム公演のチケットは、定価割れを起こした。

「公演直前には2000円ほどにまで下がっていました。知人の転売業者も、もう売れないからと友人に無料であげていましたよ。アリーナなら定価を少し上回るくらいにはなったかもしれませんが、今の人気でドームを埋めるのは無謀でしたね」

「NEWS」はスキャンダルが出ても人気が落ちない

 3番手は昨年5月にメジャーデビューしたばかりの期待のホープ「King & Prince」。

「チケットはかなりいい値段で売れます。デビュー直後で目新しいから、という理由もあるでしょうが、それにしても高い。2018年に行われたアリーナツアーは平均で6〜7万円以上で売れた。関ジャニに次ぐ、プレミアチケットになっています」

「4番手〜6番手は僅差」というA氏だが、その中で特に注目しているのは「NEWS」だという。

「『NEWS』は頻繁にスキャンダルが出るし、『Hey! Say! JUMP』や『ジャニーズWEST』に比べると若いとはいえない。それなのに、人気が落ちないんです。一定数のコアなファンが支えているので値崩れしにくい」

 第3グループは、バラエティ「ぐるナイ」(日本テレビ系)などで活躍する中島健人(25)ら5名からなる「Sexy Zone」と、脱退者が続出し今や3名となった「KAT-TUN」。

「このへんまでがギリギリ利益を出せるグループでしょうか。このあたりは時間があれば転売しますが、他のグループの公演が被ると、(商売を)やらなくてもいいかなという気持ちになります」

ジャニーズJr.のチケットが高騰する要因は何なのか

 これ以下は転売業者からすると「おいしくない」グループだという。

「『A.B.C-Z』はかなり厳しい。アリーナを埋めるのも難しく、儲かる印象はありません。ただ、バックダンサーに人気のジャニーズJr.のグループがつけば、途端にチケット価格は跳ね上がる。ジャニーズJr.の出演者が分からない初日は定価で取引されていたA.B.C-Zのチケットが、『Love-tune』が出演していると分かった途端、2日目から3倍になることもありました。A.B.C-Z側も意図的に人気のジャニーズJr.と抱き合わせているのか、この現象が起きやすい」

 そんな先輩グループのチケット価格を左右するジャニーズJr.。今一番の高値がつくのが彼らのコンサートチケットだったりする。

「今も公演中の舞台『ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience』では、1枚6000円の最前列のチケットが45万円に跳ね上がった。牽引しているのは『美 少年』らジャニーズJr.の人気ユニットです」

 ジャニーズJr.のチケットがここまで高騰する要因は何なのか。

「この公演の場合、会場のキャパシティが小さいことや、事前に席がわかる実券でのやりとりだということが影響していますが、なにより大きいのがファン層の違い。デビュー組よりも熱狂的なファンが多く、彼女たちは大金をつぎ込むんです。公演後の出待ちで手紙を渡せるなど、ジャニーズJr.ならではの距離の近さも大きな理由でしょうね。ジャニーズJr.の転売市場はキンプリ以上の規模かもしれない」

 ジャニーズ事務所関係者は「転売価格はメンバーもチェックしています」と明かす。

「チケットの転売価格はファンクラブ会員数や、テレビの出演数などと並ぶ、人気の指標のひとつです。特にユニットごとのファンクラブがないジャニーズJr.にとっては、今後、自分たちがデビューしてやっていけるかどうかを占う試金石にもなっている。とあるメンバーは、自分たちのチケットが高値で転売されているのを見て、『A.B.C-Zにコンサートをやらせるくらいなら、俺らにやらせて欲しい』とボヤいていました」

 デビュー年次などの上下関係に厳しく、体育会系とも言われるジャニーズ。だが、SMAP以降、グループの解散や活動休止発表、メンバーの退所などが相次ぎ、タレントのヒエラルキーも盤石とは言えなくなった。今後はリアルな数字を稼げるグループこそが評価される、下剋上の時代が始まるのかも知れない。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網