戻る


佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

「月に500冊読み、1200ページ書く」という佐藤優氏。抱えるコラムや連載など、締め切りの数はひと月あたり約90にもなるという。膨大な情報を発信し続けるなかで、情報の精度や質が下がることはないのだろうか? 今回は、佐藤氏のインプットの技法に焦点を当て、極意の一部をお届けする。(JBpress)

(※)本稿は『調べる技術 書く技術』(佐藤優、SBクリエイティブ)の一部を抜粋・再編集したものです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

情報の海に溺れてはいないか?

 インターネットは、いまや普及しきったといってよいほど、私たちの生活の一部となっている。本、新聞、テレビによる情報のみならず、スマートフォンやパソコンの画面から絶えず膨大な情報が飛び込んでくる。まさに情報過多時代だ。

 情報過多時代においては、溢れるなかから必要な情報を「調べ」、それをもとに「書く」といった技術がより重要となる。これら一連の取り組みを「知的生産術」という。

 絶えず膨大な情報が飛び込んでくる時代、いかにインプットする情報や知識を選別し、質の高いものを得るか。そして知り得た情報や知識を、どのようにアウトプットに生かすか。情報の海に溺れていては、確たるものは何も得られず、ひいては何も生み出すことができない。「知的生産力」は人生の質を左右するとみて間違いない。

「調べる」と「書く」は表裏一体

 重要性の高まる知的生産力を自分のものにするためには、まずはインプットの質を高めることだ。インプットというのは、先にも述べたように情報や知識を「選別」するということである。

 選別することにより、インプットの質を高めたからといって、すぐに知的生産力も高まるかというと、そうではない。「生産」というからには、インプットの成果として何かしら生み出さなければ、せっかく知り得た情報や知識も無用の長物となってしまう。

 インプットした情報や知識を使ってアウトプットする。この両輪がそろってはじめて情報や知識は、本当に「自分のもの」となる。この一連のプロセスを繰り返すことで、知的生産力は高まってゆく。

 つまり、何をどうインプットするかがアウトプットの「質」を決めるということを念頭に置いて、具体的にどうアウトプットするか目的をもちながらインプットに取り組む。そうやって質を高くしていくことが、知的生産力を高めるということなのである。このようにして本当の教養は身につくのだ。


佐藤優流、インプットの技法

 では、良質なアウトプットに結びつけるための、よきインプットの技法を見ていこう。情報収集において、インターネットを利用する際にはとくに注意が必要だ。ネットの情報は膨大なだけでなく玉石混淆である。うまく「石」を排除し「玉」を得るためには、信頼のおけるソースを確保することだ。

 絶えず流れてくる情報を、すべて吟味するのは不可能に近いから、あらかじめ「玉」だけを扱っているソースを参照すると決めておけばよい。そうすれば、いたずらにネット閲覧に時間を費やしたり、誤情報やフェイクニュースに惑わされたりせずに済む。

 まず基本として、ネットでの情報収集は(1)「NHK NEWS WEB」(2)新聞のWEB版(3)オンライン辞典・辞書サイトである「ジャパンナレッジ」などたしかな辞書・事典検索サイト、この3種類に絞ることだ。

「NHK NEWS WEB」をつねにブラウザに表示しておき、手が空いたときに目を通すというのは、効率的な生の情報収集法である。

 辞典・辞書サイト「ジャパンナレッジ」は有料会員制だが、辞書的な理解は、すべての理解の土台となる重要なものだ。いい加減な土台を作れば、その上に築く建物も危うい。知的生産力を高めるためには、こういうところでケチらないことだ。小学館の『日本大百科全書(ニッポニカ)』や平凡社の『改訂新版 世界大百科事典』をはじめ、約50種類もの百科事典や辞典、叢書(そうしょ)、雑誌を横断検索できる。PC版とスマホ版があるので、ビジネスパーソンにとっては使いやすいだろう。

 私も、自分の専門外のことについては必ず「ジャパンナレッジ」で事実関係を確認し、自分で自分の原稿を校閲しながら書いている。

独学に活用できるネットツール

 ビジネスパーソンの独学に役立つネットツールもある。1つは「スタディサプリ」だ。小学校4年生から高校3年生までの学習範囲が網羅(もうら)されており、「大人の学び直し」に非常に役立つ。有料だが、極めてコストパフォーマンスに優れた学習コンテンツであり、とくにすすめたい。

 小学校4年生といって侮ってはいけない。一般的に、大人が予習なしで子どもの勉強に関する質問に答えられるのは、せいぜい小学2〜3年生くらいまでだろう。教科書を読んでみると、小学校4年生のものですら意外と難しい。

「スタディサプリ」では、それが非常にわかりやすく動画でまとめられている。それもそのはずで、「スタディサプリ」の講師陣は、優秀な塾講師や予備校講師である。塾や予備校の講師は、つねに激しい競争にさらされており、誰にでも理解できるような教え方を貪欲に追究している。「スタディサプリ」のわかりやすさは、その賜物(たまもの)というわけだ。

 読者がアップルユーザーならば、もう1つすすめたいのは「iTunes U」だ。日本の初等教育から大学、ハーバードやイエール、ケンブリッジといった一流大学を含む海外の大学などの講義を無料で視聴できる。一部に限られてはいるが、日本語字幕を表示できる講義もある。

非効率な「キーワード検索」

『調べる技術 書く技術』(佐藤優、SBクリエイティブ)


 ネットで情報や知識を得る際、キーワード検索をする人は多いと思う。しかしキーワード検索は、実は調べ物の方法としては非常に非効率なのだ。

 一番の理由は、先ほども述べたとおり、ウェブ上の情報は玉石混淆が過ぎる、つまり「ノイズ」が多いためである。パッと目に付いた検索結果が、誤情報ではない保証はない。かといって膨大な検索結果を片端から閲覧し、誤情報などのノイズを除きながら有益な情報を引き出すのは至難の技だ。

 ネットは、制限時間を設けないと、どんどん時を浪費してしまう「時食い虫」だ。無益なインプットをしている暇はない。情報収集において、ネットは使い方によっては鬼門となるのだ。

筆者:佐藤 優

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網