戻る


ユニフォームで振り返るCL決勝〜2001-02 レヴァークーゼン対レアル・マドリー

ユニフォームで振り返るCL決勝〜2001-02 レヴァークーゼン対レアル・マドリー

写真拡大 (全4枚)

欧州強豪による激闘の末、トッテナムとリヴァプールが勝ち残った2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

現地時間6月1日に行われる注目の決勝を前に、過去の決勝戦で使用されたユニフォームを振り返っていきたい。

今回は、2001-02シーズンの決勝、レヴァークーゼン対レアル・マドリーをお届け。

レヴァークーゼン(adidas)×レアル・マドリー(adidas)

90年代中期から10年間ほどのレヴァークーゼンのユニフォームは、赤黒ストライプが定番のデザインだった。当時は常に好成績を収めていたが2位が多かったため(この大会も準優勝)、“シルバーコレクター”と揶揄されることも。ストライプはある意味それを象徴するデザインと言える。

クラブ創設100周年記念にあたるこのシーズン、レアル・マドリーはラ・リーガ用とは異なるCL用ユニフォームで大会に臨んだ。胸スポンサーは入らず、白を基調に3本線のみというシンプルなデザインが人気に。左袖には100周年記念ロゴが付く。

2001-02 UEFAチャンピオンズリーグ決勝

2002年5月15日

レヴァークーゼン 1-2 レアル・マドリー
@ハムデン・パーク

ラウール(8分/レア)

ルシオ(13分/レヴァ)

ジダン(45分/レア)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網