戻る


始球式“摂津立ち”の真相、芸能人を前に実は…

始球式“摂津立ち”の真相、芸能人を前に実は…

写真拡大

5月24日に放送されたプロ野球・千葉ロッテマリーンズvs.福岡ソフトバンクホークス中継(BS12)の副音声解説者として、元ホークスの投手で現在は野球解説者の摂津正氏が出演。現役の時、始球式でどんなアイドルや芸能人であろうとも微動だにせず立っていた通称“摂津立ち”について語った。

現役時代、始球式には橋本環奈や若田部遥、指原莉乃といった芸能人がマウンドに立ったが、後ろに控える摂津氏は常に無表情でグローブを右脇に挟み仁王立ちする姿が話題となり、球団から公式に“摂津立ち”と名称がつけられたほど。  

この日、摂津氏はファンからの質問に答える形で、目の前に芸能人がいて内心では「うわーっ!この人有名な人だ」と思っていたが、投球前だったので平静を装っていたと告白。

ネットでは「摂津、あんなに無表情だったのに」「摂津の告白すごい破壊力」「摂津立ちの裏側が聴けてよかった」「摂津さんの話面白かった」といった声が上がっている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網