戻る


日本でも5Gがいよいよ始動。私たちの生活はどう変わるのか?

現在の4G(LTE)スマホより、通信速度が理論値で100倍も速くなると言われる、第5世代モバイル通信「5G」。

2019年4月、米Verizonと韓国の大手通信事業者3社が、携帯電話向け5Gサービスのローンチ世界初を争うという話題がありました。日本では東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に商用化される予定ですが、いまひとつ実感がないのも事実。

そこで、5Gにより、私たちの生活がどのように変わっていくのか、最新見本市の現地取材や関係者からの話を踏まえて考えてみました。

海外が先行する5G、日本はどうなる?

Photo: 房野麻子

今年2月下旬、スペインのバルセロナで開催された、世界最大規模のモバイル見本市「Mobile World Congress 2019(以下、MWC)」を現地取材しました。

移動体通信技術や半導体の設計・開発を行うクアルコムのブースでは、同社のチップセットを使った5G対応端末を展示するなど、各メーカー、チップベンダー、キャリアのブースに5G対応端末や近い将来提供されるであろうサービス事例を展示。まさに、5Gの開始直前といった期待感にあふれていました。

一方、日本では4月10日に総務省が、NTTドコモ、KDDI(沖縄セルラーを含む)、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに5G向けの電波(サブ6GHz帯、ミリ波)を割り当てました。

サブ6GHz帯:6GHz以下の3.7GHz帯/4.5GHz帯。現在のLTEで使われている周波数に近いため、比較的導入しやすいと言われています。

ミリ波:高周波数帯の28GHz帯。電波は直進性が強く、建物をまわり込んだり、壁などを通り抜けがしにくくなります。また、電波が届く距離も短いため、たくさんの基地局を設置する必要。しかし、非常に広い帯域幅を使えるので、高速大容量の通信が可能です。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網