戻る


Jリーグにまたしても大物参戦? フアンフランが日本行きを考慮

Jリーグにまたしても大物参戦? フアンフランが日本行きを考慮

写真拡大

23日にアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表DFフアンフラン(34)がJリーグ参戦の可能性を認めた。スペイン『アス』が伝えている。

2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンの18年ぶりとなるリーガエスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半にわたってチームを支えてきた。

そのフアンフランが、新天地について言及。盟友である元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)がプレーするJリーグに加入する可能性をスペイン『Cadena Ser』でほのめかしている。

「トーレスは僕に一緒に日本でプレーしようと誘ってくれた。僕は彼は僕のことをとても気に入っているんだ。彼のことが好きだから考えてはいる。もちろん、一考の余地があると思っている。ただ、僕にとって重要なのは自分がワクワクできる環境なんだワクワクしているよ」

「本当に現時点で僕はどこに移籍するかわからない。けど、スペイン? わからないではないよ。アメリカやとアジア…。とにかく、多くの選択肢が与えられているから、オファーが届いている」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網