戻る


北海道で「野生のアスパラ」発見される 道路に生えていた植物、よ〜く見てみると...

「ど根性大根」、聞いたことがあるだろう。

2005年、兵庫県相生市の歩道脇で発見され、一躍有名になった大根のことだ。舗装された道路脇やコンクリート隙間から生えてきた野菜は「ど根性野菜」と呼ばれ、これをきっかけに、各地で「ど根性ナス」、「ど根性ミカン」などが発見され、話題となった。

2019年5月21日、北海道から元気の良い「ど根性野菜」が発見され、注目を集めている。

ツイートには、「Q.道路にアスパラは生えますか?  A.生えます。」というコメントと共に、歩道脇から勢いよく伸びている10数本のアスパラガスの写真が添えられている。左横にお茶のペットボトルが置かれているので、大きさが推測できるだろう。このツイートには、なんと1万6000を超える「いいね」が付けられている。

投稿主は、有限会社上山牧場の公式アカウントらしい。数々の競走馬を生産している牧場のようだ。Jタウンネット編集部は、さっそく北海道に電話して詳しい話を聞いてみることにした。

アスパラは成長を続けている


北海道浦河町の「ど根性アスパラ」(上山牧場 @kmym_bokujoさんの5月23日ツイートより)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網