戻る


60年代のヴィンテージシンセを修理していたエンジニア、付着していたLSDに触れてトリップしてしまう


あのフラワーな時代の西海岸から思わぬ贈り物が届いてしまったようです?詳細は以下から。

1960年代というクラフトワーク以前の時代に作られたヴィンテージシンセサイザー「Buchla Electronic Musical Instruments」にはいかにも60年代らしい物質が付着していました。

KPIXーTVの放送運行マネージャーであり、楽器修理のボランティアとしても活動するEliot Curtisさんは、カリフォルニア州立大学イースト・ベイが所蔵するこのシンセサイザーの修理を行っていました。
Curtisさんが赤いモジュラーを取り外してノブの修理を行っていたところ、表面に結晶状態の未知の物質を発見。
何の気なしに手を触れてしまったCurtisさんは45分後、不思議なピリピリとした刺激を感じ始めます。西海岸でメディアと音楽に関わるCurtisさんは、自らの経験からでしょうか「ああ、これはもしやLSDじゃないか…!?」と気付きます。
後日チェックしたところ、その物質は間違いなくリゼルグ酸ジエチルアミド(LSD)であることが確認されました。Curtisさんのトリップは実に9時間ほども継続しました。
なお、このヴィンテージシンセは大学の音楽科のキャビネットの中に長年眠っていたとのこと。涼しく暗い場所がLSDの保存に極めて適しており、半世紀も経った現代でも変質せずに残っていたようです。
フラワームーブメントの不発弾がここに来て見事に炸裂した…ということになるのでしょうか?

【60年代のヴィンテージシンセを修理していたエンジニア、付着していたLSDに触れてトリップしてしまう】を全て見る

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網