戻る


Googleマップ等に「フードデリバリー」の機能が追加 米国よりスタート


 
Googleは現地時間23日、Google検索エンジン、Googleマップ、Googleアシスタントのアップデートを行い、レストランの料理を直接注文できる機能を追加しました。

Googleのサービスから直接レストランの料理を注文可能に

GoogleはDoorDashなどフードデリバリーサービス5社と提携し、Google検索エンジン、Googleマップ、Googleアシスタントから直接レストランの料理を注文できる機能を現地時間23日に追加しました。
 

 
ユーザーはGoogle検索エンジンやGoogleマップで希望のレストランを検索、「Order Online」というボタンが表示されていれば、レストランのホームページやアプリを開かなくても、数タップで料理を注文することができます。
 
同機能は、Googleアカウントを持っているユーザーなら誰でも利用でき、クレジットカードやGoogle Payで支払いを行います。
 

 
Googleアシスタントを使った注文も可能です。
 
ユーザーはGoogleアシスタントに「ヘイ、Google、<レストラン名>に注文して」と話しかけることで注文できます。
 
以前注文したことがあるレストランに対しては、「<レストラン名>に再注文して」と話しかけることで、過去の注文履歴が表示されます。
 
Googleのフードデリバリーサービス機能は、現在米国の数千の街で利用できるとのことです。
 
 
Source:Google via CNET Japan
(kotobaya)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網