戻る


田口容疑者「2人のもの」小嶺容疑者「私のもの」…大麻所持供述“食い違いの真相”

小嶺麗奈容疑者(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

〈田口をかばう優しさがあるんだね〉なんて声もある。

ピエール瀧に続き田口淳之介 麻取“連勝”で組対5課が地団駄

 KAT-TUN元メンバーの田口淳之介容疑者(33)と、内縁関係だった女優の小嶺麗奈容疑者(38)が大麻所持容疑で逮捕された事件。

「2人とも使用については認めています」(捜査事情通)というが、同居していた東京都世田谷区の自宅マンションで押収された数グラムの乾燥大麻については、田口容疑者は「2人のものです」、小嶺容疑者は「私1人のものです」と、2人が異なる供述をしているという。

 これだけ聞くと、確かに“姉さん女房”の小嶺容疑者が田口容疑者をかばっているように思えるが、〈優しさ〉とは、ちょっと違うようだ。

「田口容疑者が先に大麻に手を出し、小嶺容疑者がそれに引きずられたというのなら、かばったことになるでしょうが、実際には小嶺容疑者が先という見方が強い。そもそも小嶺容疑者には、田口容疑者と付き合い始める2007年より前から、半グレ集団と交際の噂があった。一方の田口容疑者は、争いごとが嫌いな優しい性格ともっぱらです。どちらがどちらを大麻に引っ張り込んだか、推して知るべしでしょう」(関係者)

 小嶺容疑者がもし本当に“優しい姉さん女房”なら、田口容疑者の将来を考えて大麻をやめるように諭すはずだし、ましてや大麻に引っ張り込むなんてあり得ない。内縁の妻兼マネージャーだったというのだから、なおさら止めるべきだった。

「むしろ田口容疑者の方が、かばっているように映ります。小嶺容疑者はかばうというより、打算のようなものでしょうね。今後の自分たちの生活を考えた上での供述でしょう。田口容疑者は7月から全国ツアーを行う予定でしたが、チケットの売れ行きもよく、コアなファンがいることを証明した。小嶺容疑者が『私1人』で罪を被り、できるだけダメージを抑えれば、田口容疑者はまだ芸能界で稼いでいけるかもしれない。そう計算したのだと思います」(芸能プロ関係者)

 2人が同居していたマンションは、「2LDKでも家賃は10万円台です」(地元不動産業者)。元KAT-TUNにしてはつつましいが、大麻はその部屋の中に隠す様子もなく普通に置かれていたといい、常習だったとみられている。どちらがどちらをかばったところで、後の祭りだ。

 尻に敷かれていたといわれる田口容疑者だが、更生のためにはクスリはもちろん、女性も絶つべきかもしれない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網