戻る


エベレスト登頂成功の米国人死亡、頂上で写真撮影中倒れる

世界最高峰エベレスト登頂を目指してヒラリーステップに挑む登山者たち(撮影日不明、資料写真)。(c)TSHERING SHERPA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】世界最高峰エベレスト(Mount Everest、8848メートル)で22日、米国人男性が登頂に成功したものの、頂上で写真撮影中に倒れ、その後死亡した。

 死亡したのはドナルド・リン・キャッシュ(Donald Lynn Cash)さん(55)。登山手配会社が明らかにしたところによると、ネパール人登山ガイド(シェルパ)2人がキャッシュさんを搬送し、意識を回復させようとしたが、キャッシュさんはヒラリーステップ(Hillary Step)と呼ばれる岩場近くで死亡した。

 22日は天候に恵まれたこともあり、ネパール側とチベット側の両方のルートから合わせて200人以上がエベレストの頂上を目指していた。ただ、山頂付近では登山者が混み合い、不満の声も上がっていたという。

 エベレストでは先週、インド人登山者が死亡したほか、アイルランド人登山家が山頂付近で滑落により死亡したとみられており、今年の春季登山シーズンにおける犠牲者はキャッシュさんを含め3人となった。

【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網