戻る


「パリ人肉事件」佐川一政のいま、ドキュメンタリー映画に出演の実弟が初告白

佐川純氏

 7月12日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される「カニバ/パリ人肉事件38年目の真実」(監督・撮影・編集・製作:ヴェレナ・パラヴェル、ルーシァン・キャステーヌ=テイラー)は、あの佐川一政氏(70)が主役のドキュメンタリー映画だ。ヴェネチア国際映画祭ではオリゾンティ部門審査員特別賞を受賞したが、その「プレミア上映では半数の聴衆が途中退席した」(The Globe and Mail紙)という問題作である。

 1981年6月、パリ第3大学(いわゆるソルボンヌ大学のひとつ)の博士課程に在籍していた佐川一政(当時31歳)は、友人のオランダ人女性留学生(当時25歳)を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺。死体をブローニュの森の池に捨てようとしたところ目撃され、逮捕された。取り調べで、佐川は遺体の一部を食べていたことが判明するや、世界中で「パリ人肉事件」として報じられた。が、2年後、彼は心神喪失で不起訴となり、日本に送還。その後、精神病院に1年ほど入っただけでシャバに放たれた。フランスで入院していた際の話を唐十郎が書いた「佐川君からの手紙」は芥川賞を受賞。帰国後は、自ら事件を小説にし、漫画も執筆、ワイドショーでは猟奇事件のコメンテーターとしてもてはやされ、雑誌への連載、講演なども引き受けた。さらにAVにも出演。そして古稀にして映画の主役になったのだ。

佐川純氏

 映画では、佐川君の実弟・純氏も出演している。事件からおよそ40年、これまで表に出ることになかった純氏が、なぜ映画に出ることになったのか、兄弟の関係は今どうなっているのか、あの事件は何だったのか……を赤裸々に語った。

佐川一政氏(c)Norte Productions,S.E.L

 ***

【別カット】映画「カニバ/パリ人肉事件38年目の真実」場面写真

佐川純氏(以下、純):映画、見ていただきましたか。最初はどうなるか心配でしたが、良い映画になりました。良い悪い、様々な意見はあると思いますが、ぼくは全体的なまとめ方が上手いなと思いました。

――現在、69歳の佐川純氏である。スクリーンには終始と言っていいほど、佐川兄弟のアップが映し出される。そこには、兄の一政をかいがいしく介護する様子もある。実の兄弟とはいえ、事件当時は家族も犯人同然の扱いを受け、迷惑をかけられた。現在、2人の関係はどうなっているのか。

:兄の看病をするようになったのは5年ほど前、脳梗塞で倒れてからです。それまでは頻繁に連絡を取るような関係ではありませんでした。元々あった糖尿病に加えて、脳梗塞で左足が不自由になった。映画が撮影されたのはその時期です。昨年6月には弁当を喉に詰まらせて救急搬送され、誤嚥性肺炎を起こしたために胃瘻になった。自分ではもう食べられないわけです。まあ、何だかんだ言っても、お互いに唯一の肉親ですから。

――純氏はこれまで結婚したことがないという。

:そりゃそうでしょう。女性と交際しても、やはり兄の話が出てきてしまいます。何回か同じようなことが起こると、「まあいいや」となって、その後はお付き合いすることもやめました。ともかく、映画では我々の幼い頃の8ミリフィルムまで効果的に使ってもらえ、良かったと思いますよ。

――幼い頃の8ミリフィルムとは、2人が子供の頃に父が撮影した映像だ。父は伊藤忠商事に務め、のちに子会社の社長を務めた。戦後まだ間もない頃に、8ミリがあったというのはかなり裕福な家庭だったということだろう。

:8ミリがあったのはたまたま。恵まれてる家というわけではなかったと思います。父が撮影好きで、8ミリの前は16ミリで撮ってました。凝り性なんです。16ミリのフィルムが出回らなくなってきたので、8ミリに変えたんです。

――8ミリには、双子のように寄り添う兄弟の姿があった。

:年子ですから、兄とは1つしか違いません。8ミリでは弟のぼくのほうが体が大きいくらいで、本当に双子のように育てられたんですよ。父も母も、なるべく2人に対して差別なく育てようという方針だったようです。兄は生まれた時に医者から「1年は持たない」と言われたほどの虚弱体質で、体も小さいんです。戦後間もない頃で栄養状態が悪かったこともあったのでしょう。また、戦時中、両親は満州にいて、父はソ連の捕虜となりシベリアに抑留されたそうです。体格の良かった父ですが、そのためヒョロヒョロになって帰国。その後にできた子が兄でした。

――佐川家では、パリの事件をどのように知ったのだろうか。

:事件当時、ぼくはすでに広告会社に就職し、(東京・文京区)音羽にあった実家を出ていたのですが、たまたま実家で両親と晩飯を食べていたんです。その時に神戸に住んでいた祖母から電話をもらって「なんか今、ニュースでやってるよ。佐川一政という男がやらかした」と言うんですよね。母は「これは嘘やね」と言い続けていました。父は母を慰める意味でも「本当のことではないかもね」と言っていました。ぼくだけが「絶対本当だよ」と言っていたのは覚えています。

兄は劣等感の塊

:兄から直接「人を食べたい」なんて聞いたことはなかったですが、兄はフランスに渡る前にも強姦未遂事件を起こしていましたから。実は和光大学から関西学院大の大学院に行ったのも女性のためなんです。母がお茶を習っていたんですが、そのお仲間が大阪からたまに上京していた。そのお嬢さんが綺麗な方で、兄が見かけて好きになっちゃったんですよ。だから突然、「関学に行きたい」と言い出したんです。兄は本当に女好きですが、相手にはされない。彼は劣等感の塊でもあった。子供の頃から虚弱体質で、体が小さかったですからね。勉強もできたわけではなかった。高校は鎌倉高校へ行きましたが、今でこそ進学校として有名ですが当時はそれほどでもなく、大学は和光大学の1期生。1つ下のぼくも、それほどできたわけではありませんが、慶應志木高校からエスカレーターで慶應大に進学したので、ぼくへの嫉妬もあったようです。そんな兄がパリに渡ったわけです。

――事件以来、佐川家は様々な媒体の取材攻勢を受ける。

:ぼくはすでに実家を出ていましたが、色々なところから電話があったそうです。ただ実家は、同じマンションの4階と8階に部屋があったので、記者が来そうな部屋には近づかないようにしていたそうです。「うちに入会すれば楽になりますよ」といった宗教の勧誘はしつこくあったそうです。「20〜30の団体から勧誘された」と母が言っていました。また、親戚からは「なんてことをしてくれたんだ!」と絶縁もされました。

――一政は帰国すると、精神病院に入院させられた。そこには見舞いに行ったのか。

:2度ほど、好きなアイスクリームを持って会いに行きました。病院内は牢獄のようで、扉が開くと、いろんな患者が近づいて来るのが不気味でした。ですから、退院した時は、純粋に良かったと思いました。

――精神病院で一生を過ごすと思われていた一政だが、精神病院は「これ以上治療する手立てはない」として退院させたのだ。だが、そこで週刊新潮は当時、「気をつけろ『佐川君』が歩いている」(85年11月7日号)という記事を掲載した。人を殺めて、しかも食べてしまった佐川君が、無罪放免となってシャバに出ているのを、世に警告したのだ。

:覚えていますよ。記事には驚きましたが、まあそう考える人もいるだろうなと思いました。ですから腹は立ちませんでしたよ。むしろ、腹が立ったのは「FRIDAY」ですよ。ずいぶん後になってからですが、兄貴と2人で藤沢の演奏会に出かけた時に、追っかけられたんです。マズいと思って、咄嗟に兄貴をタクシーに乗せて逃がして、ぼくが応対したのですが、その時に記者に「お兄さんはヒョロヒョロの体で頭が大きいから一目でわかりますよ」と言われた時にはカチンときましたね。いくら何でも、他に言い方があるだろうと思って。

――89年には、幼女4人を次々と手にかけた宮崎勤事件が発覚する。そこで一政にコメンテーターとして白羽の矢が立った。

:あの事件で、兄が表立って活動するようになった時は、正直いい気持ちはしませんでした。「なんで、そんなことするの」と思っていました。ちゃんとした報道番組だったらまだしも、ワイドショーですからね。「あんな番組に出ないで」と注意したこともあります。小説や漫画で自分の事件を書き、AVにまで出演しましたからね。どうしてそうなっちゃうのだろうとは思いましたが、兄貴にそんなことを言ってもケンカになっちゃいますし、彼としては稼がなければいけないという部分もあったでしょうから。実際、当時は結構稼いでいたそうです。

――猟奇事件は、そうそう起こるものではない。一政の需要も、そう長くは続かなかった。

:それでも父からは、仕送りがあったようです。ですから収入面で厳しくなったのは、父が亡くなってからです。父は最期まで兄の事件のことは信じていないように振る舞っていましたが、心のどこかで事実と認めていた感じでしたね。父が亡くなったのは05年1月4日。その看病疲れもあって、母は翌日に亡くなりました。ですから、葬儀は合同葬儀という形で行われました。喪主はぼくで、父の会社の社葬という形にしてもらいました。兄は顔を出してはいけないということになり、別室からモニターで見ていました。しょうがないですよね。会社の株主にも迷惑がかかりますし。

兄とはまた異なる性癖

:父は多摩にマンションを持っていたのですが、亡くなった後は3000万円で売却。それを遺産として、兄とぼくとで折半しました。でも兄は、そのお金はすぐに使ってしまったようです。両親が亡くなると、ぼくにお金の無心をするように……。ぼくが大事にしていたチェロと、部屋に飾っていたリトグラフを売り飛ばしましたからね。チェロが100万円、1枚50万円のリトグラフを2枚。ある豪雨の夜、兄から電話があって、「近くの飲食店で話が聞きたいという人がいるから来てくれないか」と言われ店に行くと、待てど暮らせど誰も来ない。仕方なく家に帰ると、チェロもリトグラフもなくなっていました。兄はぼくの部屋の合い鍵を持っていたので、ぼくが外に出るチャンスを待っていたわけです。結構な策略家です。チェロは銀座の楽器店に10万円で売ってしまったようです。リトグラフは大して値がつかなかったようです。

――そんなことまでされていながら、純氏は楽しそうに話すのである。

:友達にも「なんで怒らないのか」と言われました。でもね、兄貴は怒ったら何するかわからないところがあるんです。兄貴が和光大学に通っていた頃、当時ぼくも実家に住んでいました。ある時、些細なことで兄とケンカになったんです。すると激昂した兄は、包丁を持ち出して、ぼくを追いかけてきたんです。本当に「殺される」と思って自分の部屋に逃げ込んだのですが、外から「ガン!ガン!ガン!ガン!」と音が……。ひょっとしたらとは思いましたが、後で見てみると、ぼくのチェロの表板がバラバラに壊されていました。譜面台で叩き割ったそうです。修理屋さんに持って行きましたが、「これは直らないね」と言われてしまいました。兄にはそういう一面があるんです。

――その兄を、今は看病し、一緒に映画にまで出た。どういう心境なのだろう。

:今回の話が来た時、OKしたのは兄とぼくの2人です。監督の2人がハーバード大学の人類学者と映像作家なので、撮影を通じて、どうして兄はこうなってしまったのか解明されるかもしれないと考えました。兄は「小さい時に人を食べたいと思うようになった」と言いますが、育ち方も原因にあるのかと。そして撮影が進むうちに、自分の性癖も出したほうが医学的に解明してくれるのではないか、と思うようになったのです。もちろんぼくは人を食べたいとは思いませんが、自分の腕を痛めるのが好きなんです。兄貴の性癖とぼくの性癖は違うものではなく、どこかで繋がっているような気がするんです。

――映画では途中から純氏がクローズアップされる。自分の二の腕を有刺鉄線でぐるぐる巻きにし、束にした包丁で突く……。

:撮影の時は、どこを撮られているのかわかりませんでしたが、ぼく自身があれほどクローズアップされるとは思いませんでした。3歳の時に、たまたま腕に輪ゴムがからんだのが、なんだか気持ち良かったんです。以来、虫眼鏡の輪の部分であるとか、机の中にあるものを、腕にはめるようになりました。どういうわけか、腕だけなんです。ぼくが結婚しなかったのは、兄のせいばかりではありません。ぼくにもそうした性癖が子供の頃からあったわけです。これは2人に共通したものなのかもしれません。両親はぼくたちを差別することはありませんでしたが、結構厳しくて、女性が載っている雑誌のグラビアも見てはいけないと育てられました。それが反動となって、興味が妙な方向に走ってしまったのではないか……。

映画に出て、いい気になっている

:ぼくは広告会社に25年勤め、2000年に退職しました。好きな絵を描いていきたいと思ったのですが、なかなか上手くはいきません。現在は年金と生活保護で暮らしています。年金は兄も受給しています。年金は収入になるので生活保護は、それを差し引いた額になります。ぼくの場合、年金は2ヶ月分で23万円です。生活保護は、1ヶ月当たり1万9000円もらっています。その中から飲んだり食ったりという形で、ギリギリで生活しています。でも、やっていけないことはないです。

――入院中の一政は、どういう毎日を過ごしているのだろうか。

:見舞いに行けば、ぼくの手をつかんで離しません。寂しいのかもしれませんね。病院を転々としていますが、前の病院ではテレビがなかったため、ポータブルのテレビで、ぼくがダビングしたDVDを見るのを楽しみにしていました。相撲中継や「相棒」が好きなんですよ。手は動きますが、脳梗塞の影響で空間把握ができないんです。「紙に何か書いて」と言っても、はみ出してしまう。おまけに網膜症も患っていますから、好きな読書もままならない状態です。ですから、ぼくが行かなければ、寝たきりですね。話しかけても「あ、そうなの」と、あまり感情を出すようなこともありません。

――会話はできるというので、一政への質問を託した。後日、純氏を通して回答があった。

【問】犯した犯罪が殺人だけなら間違いなく有罪になるところ、被害者を食べたために無罪となったことをどう思うか。

:「後ろめたい。申し訳ない」ということです。

【問】有罪になったほうが良かったと思うか。

:「思わない」です。

【問】無罪となって有名人となり、いま映画まで作られたことをどう思うか。

:「映画に出て、いい気になっていると思う」だそうです。

週刊新潮WEB取材班

2019年5月23日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網