戻る


千葉小4女児虐待死 「保身のために服従」母親の心理

なぜ愛娘を見殺しにしたのか…心愛ちゃんの母が初公判に出席

写真拡大

 茶色のセーターに黒の長ズボン、黒縁のメガネで出廷した母親は、終始無表情でうつむいていた。

 5月16日の千葉地裁。千葉県野田市立小学校4年生の栗原心愛ちゃん(享年10・みあちゃん)が、父親の勇一郎被告(41才)に虐待を受けて今年1月に死亡したとされる事件で、傷害ほう助罪に問われた母親のなぎさ被告(32才)の初公判が開かれた。

 公判を前に、父親に下着を下ろされたという性的虐待を疑う報道もあり、改めていびつな親子関係が浮き彫りになった。

「母はなぜ娘を助けなかったのか」──。誰もが抱いたこの疑問に対し、彼女の口から発せられた言葉とは…。

「冷水のシャワーを浴びせる」「食事を与えない」「トイレに行かせない」──公判では、検察が数々の虐待の事実を明らかにした。その虐待をなぎさ被告は止めず、手助けしたとしている。

 勇一郎被告からDVを受けていたとされるなぎさ被告。検察側も「支配的立場にあった勇一郎被告に逆らえなかったことが背景にあることは否定できない」と論告で言及した。

◆「優しいところに惹かれた」

 2人は2008年に結婚するも、2011年に離婚。2016年6月頃から再び交際し、2017年2月に再婚した。公判によると、1度目の離婚後になぎさ被告から「元気?」と連絡したのがきっかけだという。

 なぎさ被告は調書で「全く嫌いになって離婚したわけではなく、実家の説得があったことがあった。束縛や暴力があったが、好きだった。優しいところに惹かれた」と述べている。ところが、検察から「どんなところ?」と尋ねられると、「具体的に思い浮かばない」と言うのみ。

 被告人質問では、「女児を連れて家を出ようと思ったことはあるか」と問われると「ない」と答え、続けて「逃げようとしても行き先がばれたり連れ戻されると思ったから」と話した。

 なぎさ被告からは、夫への恐怖が感じられた。そして、娘を虐待する夫を妻が「手助け」した事実も明かされた。

 例えば2017年11月、心愛ちゃんが小学校のいじめアンケートで「お父さんにぼう力を受けている」と告白した際、なぎさ被告は勇一郎被告の指示を受けて、「たたかれたというのはうそ」と心愛ちゃんに書き直させた。

 また、なぎさ被告は日頃から娘の行動を監視し、《びっくり。勝手に冷蔵庫から飲み物を出していたよ》《また自分から『お茶ください』と言っているよ。マジでお前は何様かという感じだしむかつくね》とLINEで勇一郎被告に告げ口していたのである。

 いくら夫の暴力が怖いといっても、愛娘への虐待に加担し、見殺しにできるものなのか。精神科医の片田珠美さんが指摘する。

「暴力に支配された人間は従わなければ自分が殴られるから、自己保身のために服従します。夫に告げ口していたことは“殴られるのは心愛ちゃんに至らないところがあるからだ”と考え、自分たちの暴力を正当化しようとしたせいだと思います。なぎさ被告は勇一郎被告の支配と監視により、孤立していた。誰にも助けを求められず無力感を強めた結果、彼女は思考停止に陥った。そして、より一層服従していったのでしょう」

 公判の最後、「何か言いたいことはありませんか」と裁判長から聞かれたなぎさ被告は沈黙したままだった。検察側の求刑は懲役2年。閉廷まで、なぎさ被告から謝罪の言葉は発せられなかった。

※女性セブン2019年6月6日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網