戻る


大麻所持で2人逮捕…元KAT-TUN田口淳之介容疑者が溺れた小嶺麗奈容疑者の悪評

麻薬取締部から湾岸署に送致される田口淳之介容疑者(左)と小嶺麗奈容疑者(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 ジャニーズ事務所の人気グループ「KAT−TUN」の元メンバー、田口淳之介容疑者(33)と女優の小嶺麗奈容疑者(38)が22日、厚生省関東信越厚生局麻薬取締部に大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。

手越は号泣も…ジャニーズに素行不良タレント相次ぐ背景

 田口容疑者は「KAT−TUN」のメンバーとして2006年に「Real FACE」でデビュー。ところが、2016年に突如グループを脱退してファンを落胆させた。

「田口容疑者のグループ脱退の背景に小嶺容疑者の存在があったのは言うまでもありません。2人は『KAT−TUN』が人気絶頂だった07年に交際をスタート。田口容疑者の脱退後の17年には、小嶺容疑者が田口容疑者の個人事務所でマネジャーを務めるようになりました。ただ、小嶺容疑者がスタッフや関係者の前で田口容疑者のことを“彼”と呼んだりするため、“公私混同はヤメろ!”と指摘する声もありました。年齢的にもゴールインが近そうだという報道もありましたが、2人の二人三脚は、当然、田口容疑者のファンとしては喜ばしいことではありません。田口容疑者は17年にユニバーサルミュージックから“再デビュー”を果たしソロ活動を始めましたが、CDのセールスが伸びず。1年9カ月でレーベル契約が“打ち切り”となりました」(スポーツ紙記者)

 田口容疑者と小嶺容疑者は同棲している東京・世田谷区の自宅で薬物に耽っているところをマトリに狙い撃ちにされたとみられている。言わば2人は同罪だが、ファンは田口容疑者に対して同情的というか、小嶺容疑者に厳しい視線を向けている。

 それにしても、ジャニーズの人気アイドルだった田口容疑者がなぜ小嶺容疑者のような女性に溺れるようになってしまったのか。小嶺容疑者は1995年にTBS系の人気ドラマ「3年B組金八先生」で女優デビュー。一時は大手芸能プロに所属したがブレークしきれず。06年に映画「初恋」でヌードシーンに挑戦したものの不発に終わった。

「もしかしたら、田口容疑者は小嶺容疑者の“姐さん”みたいな部分に魅かれたのかもしれませんね。彼女は熊本県で生まれた“火の国の女”です。情熱的な女性と言えば聞こえはいいでしょうが、中退した都立代々木高校時代に派手で幅広い交友関係を築いたと聞いています。田口容疑者は自分に無い物を小嶺容疑者に求めたのでしょう」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

 大麻の詳しい入手経路はこれからマトリが解明していくことになる。田口容疑者のファンが聞いたらさらに衝撃を受けるような事実が明らかになるかもしれない。

 2人の逮捕後、マトリの事務所が入る東京・九段下の合同庁舎前で田口のファンに日刊ゲンダイが話を聞いたところ、こんな感想が漏れてきた。

「田口クンの逮捕なんて信じられません。ショックです。ただ、小嶺麗奈と付き合うようになってから、薄々と変化を感じるようになりました。彼は“不良っぽさ”をウリにするKAT−TUNの中ではおとなしめのキャラで、ファンを大切することで有名でした。ところが、小嶺とのツーショットを写真誌に撮られても開き直るような態度で、次第にファンをないがしろにするようになっていったのです」(30代女性)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網