戻る


宮本亜門氏、前立腺がん手術終える「大成功でした!」

宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 ステージ2の前立腺がんと診断され、5月下旬に前立腺の手術(全摘出手術)をすることを明かしていた演出家・宮本亜門氏(61)が22日、公式ツイッターを更新。自身の写真を添え、無事手術を終えたことを報告した。

【写真】宮本亜門氏「前向きに」と胸中明かす

 スタッフの代筆でツイッターを更新した宮本氏は「いま前立腺ガンの手術が無事終わり、大成功でした!」と伝え「今はまだ麻酔が効いておりますが、喋ることも可能なほどで、非常に良好です。まずはご報告まで」と、親指を立て良好をアピールする写真を掲載した。

 宮本氏は2月28日、TBS『名医のTHE太鼓判!』の企画のため、都内クリニックにて人間ドックを受診したところ、「結果を直接伝えたい」と病院から連絡を受け、3月1日に同クリニックを訪れる。MRI検査の画像から、前立腺に腫瘍の影があり、前立腺がんの疑いがあると告げられた。同月18日、都内病院にて医師から前立腺がんであることが告げられ、同日、臓器への転移を調べるため、CT検査を受けた。

 2日後の20日には骨への転移を調べるため、同病院で骨シンチグラフィ検査。25日には検査の結果、骨、臓器ともに転移なしと診断との診断を受け、進展の度合いは「ステージ2」で早期のがんと告げられる。日を改めて、手術(前立腺の全摘出手術)を受けることに同意した。

 4月12日には会見を行い「落ち込んでいる場合じゃない。一人でいる時は落ち込むことはあるけど、プラスになることはないので。今まで以上に充実して生きている感じがします」と力強く語っていた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網