戻る


定番どんぶりをアレンジ! インパクト大な変わり種「親子丼」3選

「ふわとろめかぶ親子丼」/料理:井澤由美子 撮影:澤木央子

写真拡大

ひと工夫加えた親子丼を作って、食卓をより盛り上げてみませんか? 今回は、親子丼の印象がガラッと変わるレシピ3選をご紹介します。

野菜をたっぷり摂取できる!「洋風親子丼」/料理:伊藤朗子 撮影:千葉充

■ ふわとろめかぶ親子丼

【材料・2人分】

めかぶ 80g、とりむね肉 小1枚(約200g)、卵 3個、温かいご飯 茶碗2杯分、めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ3、酒、一味とうがらし

【作り方】

1. とり肉は小さめの一口大に切り、酒大さじ1をふってもむ。卵はざっくりと溶く。

2. 小鍋にめんつゆと酒大さじ3、1のとり肉を入れて弱火で煮る。肉に火が通って色が変わったら、めかぶを入れてひと煮立ちさせ、溶き卵を入れてさっと混ぜる。器にご飯を盛ってかけ、一味少々をふる。肉に火が通ったらめかぶを入れ、煮汁をなじませる程度にさっと煮ればOK。卵を加えてでき上がり。

(1人分553kcal、塩分2.9g)

とり肉をトロトロなめかぶと卵で包んだ贅沢な1品。とり肉に火が通ったタイミングでめかぶを入れ、煮汁となじませるようにさっと煮るのがポイントです。最後に一味とうがらしをふりかけて、辛みをトッピングすると◎

■ 洋風親子丼

煮汁が煮立ってきたら、溶き卵を流し入れてふわっと仕上げましょう。温度が低いと卵がかたくなるので、火加減には十分注意してください。トマトやグリーンアスパラガスは見た目を華やかにするだけでなく、栄養バランスも整えてくれます。

■ カレー風味親子丼

いつもの親子丼をカレー味に仕立てたスパイシーなメニューです。にんじんは5cmの長さ、ピーマンは5mm幅にカットすることで卵と混ざりやすくなりGOOD。砂糖やだし汁の甘みがカレーとマッチして、ご飯がどんどん進みますよ。

アレンジをきかせやすく簡単に調理できる親子丼。作り方を覚えて、様々な親子丼を味わってみるのも面白そうです。(レタスクラブニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網