戻る


東京道路の怪 なぜ「環状道路」が全て環状じゃない?「環八」と呼ぶのに「環三」と呼ばない?

 2020年の東京五輪開催中の渋滞対策として、東京都と国が首都高速道路の料金を1000円上乗せすることを検討しているという。

この記事の写真を全て見る

 東京に車でやってくる人が困惑するのが東京都内の道路の複雑さである。首都高速道路は制限速度60キロとはいえ、随所で複雑に曲がりくねり、通行車両の数も多く、出口も左右どちらの車線から降りるのか、ドライバーはあらかじめ頭に入れておかないと、到底目的地に降りることができない。通りの名もあまりにたくさんあって、タクシーに乗って行先を告げても、運転手から「どこの通りを行きますか?」と尋ねられて皆目見当がつかないといったことがよくおこる。


©iStock.com

 一体東京の道路はどのような構造になっているのだろうか。よく地方から東京にやってきた人は「地下鉄網がわかったら立派な東京人」と言われるが、東京の道路網は実は東京人でもその全容が頭に入っている人は非常に少ない。

 東京の道路は関東大震災と太平洋戦争を経て整備された歴史をもつ。したがって現在の道路は戦後戦災復興院の告示に基づき整備された道路からスタートし、国である建設省(現国土交通省)、東京都、そして特別区が告示した道路によって整備されてきた。

複雑なのはここからだ

 都内の道路は、道路の規格に応じて、「高規格幹線道路」「地域高規格道路」「環状道路」「放射道路」そしてこれらの道路をつなぐ「補助道路」などで構成される。

「高規格幹線道路」というのは東名高速道路のような高速道路に加え、国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路を指す。たとえば圏央道のような道路だ。「地域高規格道路」とは「都市圏自動車専用道路」と呼ばれる道路。都内では首都高速道路や第二東京湾岸道路、第三京浜などの高速道路を指す。また一般の高規格幹線道路として八王子バイパスなどもこの分類に当てはまる。

 ここまでは有料道路であることから東京人でもおおよそ場所や道路の内容については理解ができるかと思うが、複雑なのはここからだ。

本当の「環状」道路は一号線だけ

 環状道路と呼ばれるのが通称、「環七」とか「環八」と呼ばれる東京をぐるっと囲む道路だ。正式には「東京都市計画道路幹線街路環状〇号線」という恐ろしく長い名称の道路をいう。環八というからには環一から環八まで都内には環状道路が8本あることになるが、それぞれの環状道路の正確な起点や終点、通る場所や距離などがわかる人は東京人の中でも相当な道路通といってよいだろう。

 環状道路といいながら、東京を完全に「環」でくくれている道路は、千代田区日比谷を起点に有楽町までを環状で囲む環状一号線だけだ。また、環状一号線はそのほとんどが内堀通りと日比谷通りから構成されるために、東京人でもこれらの通りを環状一号線として理解している人はほとんどいないのではないだろうか。

 環状二号線は、2014年3月に虎ノ門、新橋間の通称マッカーサー道路と呼ばれる区間約1.4キロ開通して話題になった。マッカーサーがこの道路を計画したというのは都市伝説とされるが、汐留から築地市場を経て豊洲の新市場につながるこの道路は、新市場の汚染水問題から計画は大幅に遅れ、最終的な完成は2022年度にずれ込むことになった。この道路が完成してもなぜか終点は神田の佐久間町一丁目までで、実は環状にはなっていない。

五号線に至っては「五ノ一」「五ノ二」

 環状三号線や四号線、五号線に至っては通常この名称がほとんど使われていない。というのも環状線が外苑東通りや明治通り、言問通りなどの通称名がついた「通り名」に途中から化けてしまっているため東京人の間でも「環状」になっているという意識が低いせいだと思われる。五号線に至ってはどういった経緯からか「五ノ一」「五ノ二」の2本の道路に分かれて分類されており、環状線の意識はほとんどない。

 環状六号線は通称である山手通りのほうが一般的だが、両方の名前が併用されている。ただしこの六号線を地図上で眺めると環状であるどころか品川区の東品川二丁目から板橋区の氷川町まで都内をほぼ南北に貫くだけで、とても環状とはいえない代物だ。

 環状七号線八号線になると東京の郊外部を走ることになるせいか、通りの名称がなくなり「環七」「環八」といった名称で呼ばれるようになる。この2本の道路になるとようやく環状として東京人の間でも意識されるようになる。ところが、もう一つ不思議なことがある。道路距離は環七で大田区の東海一丁目から江戸川区臨海町四丁目までの52.5キロに及んでいるのに対して環八では大田区羽田空港三丁目から北区岩渕町までの44.2キロまでにとどまっているのだ。普通であれば一号から八号まで環が大きくなっていくはずの道路距離が実は環七のほうが長いという不可思議な現象が起こっている。

番号で呼べば分かりやすいはずなのに

 さて、これら8本の環状道路を貫いていく道路が「放射道路」と呼ばれるものだ。東京都心部から郊外に向かって放射状に、実に36本もの道路が放射道路と呼ばれている。そしてこれらの道路にも「東京都市計画道路幹線街路放射〇号線」というやたらに長い名称が与えられている。ところが放射道路になるとこれを「号線」で理解している人は東京人の中でも皆無といってよいのではないだろうか。

たとえば中原街道は品川区の戸越近辺より多摩川を渡ってタワーマンションが立ち並ぶ武蔵小杉近くの新丸子までをいうが、この中原街道は正式には放射二号線だ。同様に目黒通りは三号線、青山通りから玉川通りにかけてが、四号線ということになる。

 放射道路はそのほとんどが通称である「通り名」で呼ばれていることから東京にやってくる人は、環状道路と放射道路、そしてそこに数多く名付けられた「通り名」で道路を覚えなければならないということになるのだ。

 8本の環状道路と36本の放射道路を番号で呼べばわかりやすいはずなのに、環状道路はあやふやな環状、というかほとんど環状にもなっていない状態。放射道路もやたらに通り名を優先させた結果、誰から見てもわかりにくい道路名になっているのではないだろうか。

 放射道路のほかにさらにこれらの道路をつなぐものに「補助道路」がある。これは正式には「補助線街路」と呼ばれ、その数ともなれば実に333本だ。これらの道路も一部には「通り名」が冠されている。また補助道路になると「環状」でも「放射」でもないので道路はますます複雑になる。

「通り」の本当の数は東京都さえ分からない

 ところでこの「通り」は都内でどれだけあるのだろうか。東京都は「東京都通称道路名一覧表」を公開して都内交通の利便性を図っている。この表によれば「通り名」がついた道路は離島部も含めるとなんと171本にも及んでいる。ところが「通り」はこれですべてかと言えば、地域内での俗称もあり、東京都に問い合わせても本当の数は「わからない」のだそうだ。

 このように東京都内には非常にたくさんの道路が複雑怪奇に巡らされており、その全容は東京人にとっても理解しがたいものになっている。そもそも東京のルーツである江戸は江戸城を中心に栄えてきた。その江戸城は今、皇居としてやはり東京の中心を成すに至っている。そして皇居を囲むように東京の道路網は形成されてきたために、道路は名古屋や大阪などとは違って「まっすぐ」に碁盤の目状に整備ができなかった。その結果として道路は歪んで曲がりくねり、東京の中心である皇居から放射状、環状に発達してきたというわけだ。

 それにしても、京都には御所があるが、道路は碁盤の目。世界を見渡しても宮城があるからといって、宮城を中心に据えて環状に張り巡らせている都市はほとんどない。明治以降、天皇は江戸城を皇居としてきた。その皇居を取り囲むように交通網を張り巡らせていったのが東京という都市なのだ。道路は曲がりくねり、鉄道や地下鉄も皇居の下を通過することはなく、大きく迂回していく。効率性だけが重視されがちな現代にあっても、この東京の定理だけは不変なのである。

(牧野 知弘)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網