戻る


評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

ホントに大丈夫なのか(中央が佐々木)/(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 大船渡の佐々木朗希(3年)が18日に行われた春季大会の釜石戦で一球も投げずに初戦敗退したことで、プロ球界に波紋が広がっている。

大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

 佐々木は4番・右翼でスタメン出場したものの、投球練習すらしなかった。複数のプロのスカウトによると、4月のU18合宿の紅白戦で163キロをマークした後、何らかの異変が起きている可能性があるという。西日本の球団のスカウトがこう言う。

「練習試合などで140キロ程度に力を抑えて投げている姿は、肩肘をかばっているようには見えなかったが、国保監督は登板に関して佐々木の意向を尊重していると聞く。国保監督は佐々木のワンマンチームにしたくないと言うが、佐々木個人の体の状態についてはハッキリしないことが多く、疑念も生じている。大きなケガをしていれば、野手としても起用しないにせよ、投げさせたくても投げられない状態だったのではないか。肩肘の違和感など、何かしらの懸案事項を抱えている可能性は否定できません」

■可能性に半信半疑

 佐々木は地区予選を含めた春季大会でいつ登板するのか、スカウトも把握できない状態だった。前出のスカウトは、「戦略面を考慮しても、佐々木のプロ入り後の可能性について、半信半疑になっている部分もある」と、こう続けた。

「佐々木はU18合宿後の4月中旬に病院で検査を受けた。国保監督はケガ防止のためと強調している。ただ、オフに今後を見据えた検査をするのは理解できるが、なぜこの時期にわざわざやらなければならないのか。163キロを投げてしまったことで何か問題が生じたのか。『休み肩』の懸念もある。大事に育てられているのはわかるが、果たしてプロの練習についていけるのか。佐々木の体の状態について調査を継続する必要があります」

 そんな中、佐々木の評価を見直す球団がチラホラ出始めているという。

「今年のドラ1候補は何人かいる。センバツ時に高校ナンバーワンの評価だった奥川恭伸(星稜)はもちろん、西純矢(創志学園)も先日、ダブルヘッダー2試合に先発し、計10イニングを無失点に抑えるなど、順調に成長している。センバツ初戦で三回途中、5失点KOされた及川雅貴(横浜)も、立ち直る気配を見せた。さらに、大学ナンバーワン投手である森下暢仁(大分商↓明大)は最速155キロを誇る。1年時に右肘骨折、2年時に右肩痛になったが、ここにきて調子は上向き。佐々木はただでさえ育成に時間がかかるし、今後も力を抑えた投球が続くようなら、さすがに高い評価はできなくなる」(パ球団編成担当)

 一時は12球団が佐々木を1位指名するとさえいわれていたが、この春を通じてプロの評価は下り坂になりつつあるようだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網