戻る


身のまわりの「ムダ」を洗い出したら、1日の仕事は3時間で終わらせられる

私が会社を辞めて独立し、税理士業を始めたのは2005年です。そして今から13年前の2006年頃、税理士として脂が乗ってきた私は、1日16時間以上仕事をしていました。 しかし今は、1日のうち3〜4時間しか実質的に仕事をしていません。

これは誇張でもなんでもなく、本当のことです。(「はじめにーーなぜ1日16時間労働を3〜4時間まで減らせたのか?」より)

『1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術』(山本憲明著、フォレスト出版)の著者は、自身の働きかたについてこう明かしています。

仕事をする時間を8割減らしたものの、お客さまに迷惑をかけることもなく、収入が大きく減ったわけでもないのだとか。

それどころか、ムダな経費が減ったことで利益が増えたため、手取り金額は増えているというのです。

本当にそんなことができるのかと不思議に感じますが、どうやらポイントはムダを省くことにあるようです。

ほとんどの人は「ムダな仕事」や「やらなくてもいい仕事」で時間を浪費しているということ。

多くの仕事に対して「これをやらなきゃ」と感じるのは、単なる“思い込み”。しかし著者の経験上、そういった仕事の大半を辞めてしまってもなんら問題はなかったのだそうです。

つまり、いまの仕事をすべて見なおし、核心的で「どうしても必要」という仕事だけをやり、残りの時間は自分自身や周囲の人たちの将来をよくするために使えばいいという考え方なのです。

第1章「身のまわりの『ムダ』を洗い出す」のなかから、2つのポイントを抜き出してみましょう。

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網