戻る


ノートルダム寺院の再建計画、独創的なアイデアが続々登場

4月15日、フランス・パリを代表する名所であるノートルダム寺院で火災があり、尖塔をはじめ建物の一部が崩壊してしまったことは記憶に新しい。

しかし、すでに同寺院の再建計画が進められており、いくつかのデザイン会社が入札、再建デザインを提出しているという。

注目すべきなのは、どのプロポーザルもエコフレンドリーで独創的なアイデアということだ。

グリーンハウスと次世代型有機農業

フランスのデザイン会社Vincent Callebautによるプロポーザルは、クリスタルを使用した美しいガラス構造。

炭素、水素、窒素、そして酸素から成り立つ活性層は、光を吸収し電気に変換するというグリーンハウスのような役目も果たすという。

このようにしてつくられた電気は、寺院の中で活用されるという構想だ。

さらに、水耕栽培と水産養殖を掛け合わせた次世代型有機農業の実施を計画し、環境への配慮を最大限にアピールしている。

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網