戻る


貴乃花「道場」設立会見で 政界進出“思わせぶり”の空虚さ

「御縁会」発起人には政治家が並んでいる(19日、会見する貴乃花光司氏)/(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 政界進出をウワサされる元横綱の貴乃花光司氏(46)が19日、帝国ホテルで会見し、相撲の普及を目指す一般社団法人「貴乃花道場」の設立を発表。会見前に貴乃花部屋時代の後援会関係者を招いた「貴乃花御縁会」と題するパーティー(会費1万円)をホテル内で開き、500人が詰め掛けた。

貴乃花“和解熱望アピール”の違和感 イメージ向上の狙いは

 貴乃花は会見で、「世界各地へできるだけ足を運んで日本の伝統文化を伝えたい」と道場設立の抱負を語ったが、質疑応答では政界入りに関する質問が続出。今夏の参院選に水を向けられると、「(選挙に)出ることはない」と出馬のウワサを一笑に付した。

 しかし、貴乃花の政界進出がまことしやかに語られるのも当然である。自民党の遠藤利明元五輪相や小渕優子元経産相ら国会議員が、「御縁会」の発起人に名を連ねていたからだ。

 貴乃花は終始、よどみなく質問に答えていたが、発起人に政治家が並んでいることについては「多方面でご指導たまわりたい」と、お茶を濁した。すると、貴乃花の横に座っていた「道場」の松浦晃一郎理事長がすかさずフォローに回り、貴乃花が「御縁会」の出席者に宛てた手紙の一部を紹介。「報道等でささやかれている政治への進出など滅相もなく、考え知るところではございません」と読み上げた。まるで「騒いでいるマスコミが悪い」と言わんばかりだが、貴乃花の“思わせぶり”は度し難い。相撲ファンの吉川潮氏(作家)がこう憤る。

「マスコミから妙な勘繰りをされたくないなら、政治家とは適度な距離で付き合うべきですよ。貴乃花の言動には、妙に目立ちたがりな印象を受けます。記者に取り囲まれるのを楽しんでいるフシがあるのではないか」

「御縁会」に出席した元維新力関は、日刊ゲンダイ記者に「発起人に政治家の方が名を連ねているから、政界進出との見方をされるのでしょう」と言ったが、まさにその通りだ。

 会見場には120席ほど用意されていたにもかかわらず、集まった記者はおよそ50人。貴乃花への愛想も尽きつつある。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網