戻る


なぜ、大企業を辞めて米国へ 異端のアマ選手2人が「もったいない」と言われた選択

対談では自身の進路選択について語った谷田成吾(左)と内田聖人【写真:編集部】

写真拡大 (全2枚)

「内田聖人&谷田成吾対談第1回」―安定を捨てて海外挑戦した背景にある思い

 アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

 内田は故障の影響で17年限りで社会人を戦力外になって以降、野球の道を捨てず、天然ガスの営業マンとして社業に勤しむ一方、個人でトレーニングに励んだ。結果、自身でも驚くような復調を遂げ、今年2月から1か月、米国に渡り、トライアウトに挑戦。米強豪独立リーグと契約を勝ち取り、会社を退社して今月から米国に渡る。最大の目標は、MLBもしくはNPBで成り上がることだ。

「由伸2世」の異名で知られた谷田は昨年3月にJX-ENEOSを退社。MLBトライアウトに挑戦し、複数のメジャー球団から声がかかり、テストを受けた。惜しくも契約はならなかったが、以降は日本で四国IL徳島でプレー。NPBドラフトを目指したが、指名は叶わず。25歳で潔く現役引退を決断。今年1月から六本木のIT企業に入社し、ビジネスの世界で成功を目指して第二の人生をスタートさせた。

 異色の2人が語り合うと面白いのでは? そんな経緯から、このほど対談。米国挑戦の背景から2人が育った早慶野球部の秘話、現在のアマ野球界に思うことまで本音で語り合った。最初のテーマは「米国挑戦」。前編となる第1回は、なぜ安定を捨てて海を渡るという選択をしたのか。「もったいない」と言われながら貫いた挑戦の思いとは――。次世代が進路を選択するヒントを探る。

 ◇ ◇ ◇

――そもそも2人の出会いはいつだったのか。互いの印象は。

内田「中学時代に対戦したよね。2年の冬だったかな、自分の地元の伊東で。2本くらい打たれたよ」

谷田「ああ、行ったね。俺、投手で投げたよね?(笑)」

内田「そうそう。オレ、打ったもん。でも、打たれたのは中学で初めてくらい。その相手が谷田。『凄いバッターがいる』と聞いてはいたけど、本当だった。高校では夏の大会前に早実と慶応の定期戦があったけど、高校では打たれたくなかった」

谷田「打てなかったね、高校は。だけど、大学では一番いいタイミング、場面で打てた。3年春の早慶戦が優勝決定戦になって、同点の2死走者なしでレフトスタンドに打った。だけど、球の質がいい。直球が『ドンッ』って来る感じ」

内田「ENEOSで最後の方に状態が良くなった時、一緒に練習していた。僕が投げて谷田が打つ。谷田も打つ練習がしたかったので」

谷田「自分も2年目にレギュラーを外されていた時期が長かったので、実戦で打席に立てない。内田も投げる機会がない。じゃあ、2人で練習するかと」

内田「その時も結構打たれたね。でも、その時に打者をイメージして投げて、だんだんといい球が投げるようになったかな」

「もったいない」と言われた挑戦、それでも貫けた理由は…

――そんな2人は互いに経由は違えど、米国に挑戦した。なぜ、厳しい環境の海外に道を求めたのか。

谷田「自分は米国に行きたかったわけじゃなく、野球でごはんを食べられるカテゴリー、つまり、プロの野球選手になりたかった。その中で、見たいというオファーがメジャー球団から来たので行こうと。日本では割と知ってもらっていた。『谷田はもう見た、(実力は)分かっている』という感じ。今までのイメージに関係なく、見てくれると思った。向こうは当然何も知らないので」

内田「米国は現実的に、明日クビになることも、明日昇格することもある世界。日本より年齢が重視されない感覚があった。あとは自分が野球で影響を受けた人が何らかの形で米国でプレーしたり、研究していたりしていた。日本の野球が劣っているとは思わないけど、向こうに飛び込まないと野球の深い部分まで経験できないんじゃないか。単純にメジャーの憧れも大きかったかな」

――米国に挑戦するにあたり、2人は会社を辞めた。退部後に大企業のJX-ENEOSで正社員として仕事をする道もあった。高校生であれ、大学生であれ、海外挑戦するには何かを立場を捨てなければいけないこともある。そのリスクはどう考えていたのか。

谷田「必要なのは自分の基準じゃないかと。僕の中では『野球選手になりたい』というのが決める要素の中で一番上だった。野球選手になるために可能性があるなら行こうと。リスクを背負うとか、迷惑をかけるとかあるけど、それよりも野球選手になりたい、可能性あるならチャレンジしたいという方が上だった。どうなりたいか、どうありたいかで決めると、後悔しないかなと思う」

――“どうなりたい”と“どうありたい”はどんなことを思い描いていたのか。

谷田「“どうなりたい”はもちろん、野球選手になり、プロで活躍したいということ。その上で、仮に野球選手じゃなかったとしても人々に影響を与えたり、社会人として活躍できたりということも含め、そういう人間になりたいと。“どうありたい”はそのために可能性のあるものは全部チャレンジしてやっていきたい、というものがあった。当時は米国に挑戦することについてかなり悩んだけど、今振り返れば、そこまで悩むことじゃなかったかな。もっとすんなりと決めても良かったんじゃないかと思うかな」

内田「自分も『野球選手になりたい』が大きかった。あと、自分は退部した後に1年間、社業に就いていたので安定していい会社だと凄く感じた。ただ、自分はカッコいい言い方をすれば、生きるか死ぬかの世界でやってきたので、安定してお金はもらえるというよりは一度きりの自分の人生で後悔したくなかった。当時は23歳で、やれることはやらないと本当に後悔すると思っていた」

谷田「でも、もったいないって周りから言われるじゃん?」

内田「うん、めっちゃ言われるね」

谷田「その時は『もったいないってどういうこと?』って思った。それは(社会人として)実力がないけど、今の会社にいればお金もらえるのに、という意味なのかと。でも、それは会社にとっても意味ないと思う。本当に実力があって会社に成果を残しているなら、もったいないという発想にならない。そう言う人は、そこまで実力がなくて会社に入れたんだから辞めるのもったいないって言われているように感じた。だから、凄く嫌な言い方だなと」

内田「確かに言われた。でも、そこまで何も思わなかったかな。『オレ、もう決めてるし』って」

「もしダメだったら……」、失敗のリスクはどう想定した?

――挑戦は当然、必ず成功するわけではない。もしダメだったらという想定はしていたのか。

谷田「もちろん、絶対叶えるという気持ちで行く。でも、盲目なわけじゃないのでプロ野球選手、メジャーリーガーになれない可能性の方が高いのは重々承知していた。だけど、挑戦したかった。実際に(目標が叶わず)どうだったかといえば、周りの人が言っていたような悪い風にはならなかった。そこまで必死になって頑張って成長を求めなくてもいいお金をもらえるからもったいなかった、という感情にはもちろんならない。そんなのは求めてないし、結果の分だけお金をもらいたかった。仕事って、きっとそういうものだと思う。だから当然の状況に身を置かれただけ。特に困ったこともない。ここから先も仕事は頑張ったてうまくいけば、お金はもらえるけど、そうじゃなかったらもらえない。今も当たり前の状況にいるだけ。特段、不思議なことは起きてない」

――内田はこれから挑戦する立場。どんな想定をしているのか。

内田「ダメだった場合ももちろん想定している。ただ、人生はわりとゴールを見て、道筋を立てていくけど、具体的に何をするかというのは何も考えてない。早実、早稲田でやってきた環境、学んできたもの、周りから受けてきた影響を含め、正直、自分が野球でダメになっても生きていける自負はあるので。自分のキャリアで何ができるか、それはその時に考えればいい。自分の人生がダメになることはないと思えることは周りに恵まれている。もったいないと言われても、極論はそれ以上に稼ぐ自信もあるので」

谷田「ダメになるだろうなという想定はあるけど、何をやるかは決めてなかった。その時に感じたものでなりたいことが生まれてくるかなと」

内田「谷田について客観的に感じたのは、社会人で続けてプロ挑戦してダメで会社員になった時、出世するかもしれないけど、その枠から飛び抜けることはない。でも、谷田には飛び抜ける才能は凄くある。だから、自分はもったいないとは思わなかったし、むしろ普通とは違う、いい意味でぶっとんだものがある。そういう思考があるから、会社にいる方がもったいないと思っていた」

――レールに沿って生きる人とそうではない人の当たり前の前提が違う。

内田「自分は結構、羨ましがられたというか。チャレンジをすることで勇気をもらった人が結構いたので、そういう人もいるんだなと思った。この前、天ぷら屋に行ったら80歳くらいの店主に話をしたら『90歳までやろうって思えたよ』と言われたり(笑)」

谷田「いい話だ。そういうのはスポーツ選手のあるべき姿だよね。周りの人はそういう人が多かったかな。心配する人もいるけど、年が近いほど応援してくれたり、凄いなと言ってくれたり。全く知らない人の方がもったいないと言われることが多かったな」

(21日掲載の第2回に続く)

◇内田 聖人(うちだ・きよひと)

 1994年3月1日、静岡・伊東市生まれ。25歳。伊東シニアで日本一を経験。早実高2年夏に甲子園出場し、背番号1を着けた3年夏は西東京大会で高山俊(現阪神)、横尾俊建(現日本ハム)らを擁する日大三に2失点完投も準V。早大では1年春に大学日本一を経験したが、3年時に右肘を故障。社会人野球JX-ENEOSに進み、故障の影響もあり2年で戦力外に。以降は社業に就き、天然ガスの営業マンを務める傍ら、個人で1年間トレーニングに励んで復調。今年2月から1か月間、米国でトライアウトに挑戦し、2Aクラスの独立リーグ・キャナムリーグのニュージャージー・ジャッカルズと契約。会社を退社し、NPB、MLBに挑戦する。右投右打。

◇谷田 成吾(やだ・せいご)

 1993年5月25日、埼玉・川口市生まれ。25歳。東練馬リトルシニアから慶応高に進学。通算76本塁打を放った。甲子園出場なし。慶大ではリーグ戦通算15本塁打をマーク。4年秋にドラフト指名漏れを味わい、社会人野球のJX-ENEOS入り。高校、大学、社会人すべてのカテゴリーで日本代表を経験した。社会人3年目の18年3月に退社し、MLBトライアウトに挑戦。複数球団の調査を受けたが、契約に至らず。帰国後は四国IL徳島でプレー。昨秋のドラフト会議で指名ならず、引退した。一般企業20社以上から興味を示されたが、今年1月にIT企業「ショーケース・ティービー(現ショーケース)」入社。WEBマーケティングを担う。右投左打。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網