戻る


小学生のときから憧れのW140型メルセデス・ベンツSクラスを買ってみた

いかにもベンツ!というフロントマスク

写真拡大

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私はケチなのですが、単なるケチではなく、「快適性」を重視したケチを心がけています。そんな私はこれまでに、高級腕時計や高級車など、リッチなアイテムを安く楽しむことを実践してきました。

 お得に楽しむために重要なのは、買った値段と売却額の差額をいかに少なくするかという点ですが、腕時計に関しては買った値段より高く売ることを基本としています。

 ただ、いくらお得に買うことができたとしても、維持費が発生するモノの場合、購入する前にその年間維持費がどれぐらいかかるのかということに注意を払わないとなりません。腕時計の場合、維持費がほぼかかりませんが、例えばクルマの場合、持っているだけで様々な維持費が発生します。維持費といっても、税金や燃費などは買う前にある程度予測することができるため、ここで一番やっかいなのは整備費用です。

 私は、初めて買ったクルマであるロールスロイスで、車検整備費用80万円という洗礼を受けたため、これまで買ったクルマのほとんどは国産車。輸入車は10代のうちに懲りていました。

 しかし、そんな私が今回、十数年ぶりに輸入車を買ったのです。そのクルマは、メルセデス・ベンツのS500L(W140型)。

◆なぜ今W140型メルセデス・ベンツSクラスを買ったのか?

 W140のSクラスは、新車時から日本で人気が高かった一方、その見た目から、十数年前までは怖い人が乗るクルマという印象がありました。

 今では、メルセデス・ベンツの「ヤングクラシック」に分類されており、エンスー的なキャラクターとなっているかと思います。

 私は、W140がまだ新車で販売されていた小学生の頃から、これを欲しいと思っていました。私が免許をとった2004年には、型落ちとなってから5年ほどが経っていたため、頑張れば買えなくない金額にまで中古車価格は下がっていました。

 そういったこともあって、クルマ好きな若い人にとって、中古車として特に珍しくない選択肢だったのです。

 そのため、私は「人とかぶるのが嫌だ」と思い、同じような予算で買えるキャラクターが似たクルマを買おうという考えに至ります。その結果、格安のロールスロイスと出会ったのです。

 その後、私は何度もW140を買おうと思ったのですが、結果的に他のクルマを買うにいたり、なんだかんだで20年以上「欲しいと思っているのに買っていない」という状態がづついていたのです。

 ゼロクラウンを買ったときも、セルシオを買ったときも、W140が欲しいと常に思っていたぐらいです。それにもかかわらず、私はずっとW140を買わなかったのです。

 もう10年近く前から、街ではW140を見かけなくなりました。そして、気づいてみると、きちんとしたW140を探すのが困難なぐらいな時代となっているのです。

 ですから、いい加減に買わないと一生買うことができないのではないかと思ったのです。

◆小学生のときから憧れていたW140を手に入れてみて感じたこと

 W140というクルマは、維持費がかかります。W140というよりも、国産車より輸入車のほうがお金がかかるのが正しいのですが、その「お金がかかる」というポイントは主に整備費用。これが厄介なのです。

 整備費用は、自分でそのクルマを所有しない限りわかりません。ですから、「年間いくらぐらいかかるのか」ということを予測するのが困難であるため、「時価」のお寿司屋さんの暖簾をくぐる気分だといえます。

 例えば、整備費用を分類するとこんな感じになります。

レベル1
・車検時の整備にお金をかけなくてもトラブルフリーで乗れてしまう(国産車)

レベル2
・レベル1に弱点がプラス
  • 1
  • 2

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網