戻る


「イニエスタ不在」というレベルではない。漏れてきた神戸の危機的状況

「(ヴィッセル)神戸はどうしたんだ? 選手は適性のあるポジションでプレーしているのか? コレクティブな力をまったく感じず、それぞれがプレーに迷っている。まるで素人の思いつきのような布陣だ!」

 知り合いのスペイン人記者が、試合中にSNS通信アプリでメッセージを送ってきた。彼は前監督のフアン・マヌエル・リージョと親しい。チームの変わりように、呆気にとられたようだった。

 この日、神戸は公式戦8連敗目を喫した。「アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキの不在が響いた」というレベルではない。それぞれの選手は奮闘していたものの、糸の切れた凧のように無軌道で、チームとしてなす術(すべ)がなかった。神戸の選手たちは、失意の中でもがいている。


横浜F・マリノス戦で失点し、呆然とするダビド・ビジャらヴィッセル神戸の選手たち

 5月18日、日産スタジアム。13位と低迷する神戸は、7位の横浜F・マリノスの本拠地に乗り込んでいる。

 立ち上がりは、互角以上の戦いを演じていた。ボールが落ち着かず、攻め切れない横浜FMを尻目に、高いラインを保ちながら、むしろ優勢ですらあった。右サイドを崩し、西大伍のクロスをダビド・ビジャがボレーで狙う。あるいは、敵陣内でのボールを巡る争いに勝利し、三田啓貴のパスから西がGKと1対1となってシュートを放った。

「前半は相手のプレスもあって、いいパスコースを見つけながら前に行こうとしたが、後ろで持ちすぎていた面もあったかもしれない」(横浜FM/アンジェ・ポステコグルー監督)。

 しかし、前半20分を過ぎると、神戸は徐々にサイドで起点を作られ始める。自然とバックラインが下がってしまい、攻守に乱れが生じる。選手たちは気合いだけで不具合を調整し、前へ押し出していたが、崩れるのは時間の問題だった。

 31分だ。左CBの宮大樹が左サイドに開いて、左足でサイドチェンジを試みる。それはプレッシャーを回避し、一気にポジション的優位を作るプレーのひとつだが、「攻撃と同時に守備のポジションを取る」という戦術的リスクヘッジはなかった。相手にカットされると、わずか2、3秒でゴール前まで持ち込まれ、フリーのマルコス・ジュニオールに先制点を叩き込まれている。

「宮は左利きで、潜在能力が高いセンターバック。最初はポジショニングから仕込まなければならなかったが、多くのことを吸収している。成長を感じる選手のひとりだ」

 リージョはそう語っていたが、今やその賞賛は痛みすら伴う。

 先制を許したことによって、神戸は足並みが乱れていった。張りぼてのチーム構造が露わになる。ダンクレーがサイドを無理矢理に攻め上がってはカウンターを浴びるなど、なんの規律もない。それは自滅に近かった。

「(失点は)自分たちのミスから始まって……。失点すると、どうしても気持ちが落ちてしまう。前向きにならないといけないが……。なかなか攻撃で形を作れないところで、失点すると難しくなる」

 日本代表MFでもある山口蛍は、訥々(とつとつ)と言葉を紡ぐしかなかった。

 67分、神戸は右サイドの守備を完全に破られる。大崎玲央、ダンクレーが2人とも置き去りにされ、易々と中央へ折り返されて2失点目。守りの連係はないに等しかった。宮と同じく、リージョに成長を期待されていた大崎は、慣れないサイドバックで屈辱的な姿を晒した。一方、Jリーグ有数のサイドバックである西はサイドアタッカーを託されていた。ケガ人云々より、有力選手の力を適性のあるポジションで引き出せていない事実が重かった。

「ピッチにいる選手が、こんなにバラバラになるものなのかって……。こんな経験はない」

 ある選手は、状況に危機を感じながら、深刻な口調で洩らしている。

 83分、神戸はパスカットから右サイドを崩され、ファーポストに折り返されると、三好康児に左足で叩き込まれている。90分には、GKキム・スンギュが一度シュートストップしたものの、エリア内で拾われてしまい、再び三好にニアを撃ち抜かれた。万事休すだった。

「自分はどういう状況だろうと、あきらめる性格ではない」(神戸・ウェリントン)

 神戸はアディショナルタイム、ウェリントンが右サイドからのクロスに合わせ、一矢報いたが、それで精一杯だった。

「(負けた後)ブーイングはなかったと思うけど、このままでいいのか……。ブーイングされる結果と内容だったと思う。サポートはありがたいけど、自分たちに当たってくれてもいいかもしれない。ピッチに立つ選手はひとりひとり、現状を重く受け止めないと」

 山口は、自らを罰するように言った。

 4−1で敗れた神戸は、順位をひとつ下げ、15位まで転落している。リージョが”辞任”という形で去り、吉田孝行監督体制になって、惨憺たる7連敗だ。選手たちは自主的に打開策に向き合い、決起集会も行なっている。”建白書”のような形で、コーチングスタッフとの話し合いも持った。しかし、選手発信でできることは限られている。

「勝利をつかむことができたら、チームに勇気と自信を与えるはず。この状況を抜け出すには……」

 ある選手は言葉を絞り出した。真っ暗なトンネルで、今は進むべき方向も見えない。たとえどんな勝利であっても、彼らは小さな灯りを求めている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網