戻る


きゃりーぱみゅぱみゅ、古市氏の暴露に苦笑「友達が付き合っていた」

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、19日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)にゲスト出演。社会学者・古市憲寿氏からイジられる場面があった。

同番組に初出演したきゃりーは、以前から番組を見ていたそうで、出演オファーに「ぜひ」と即決。隣に座った古市氏は、「結構前から」とプライベートで親交があることを伝えながら、「友達が付き合っていたので」と暴露して笑いを誘った。

きゃりーは「あー」と苦笑し、司会の東野幸治は「クラスメイトと話してるんじゃないよ」と古市氏にツッコミ。ここでダウンタウン・松本人志が、「ちなみに、そのお付き合いはどうなったの?」と加わり、きゃりーは「とっくに(別れた)」と正直に話した。

また、ニュースにコメントする時にどれだけ本音で話しているのかについて、古市氏は「どうだろう」と考え込み、「言いたいことは言うようにしていますけど、言い方を変えるぐらいはします」と説明。その具体例として、「さっきもきゃりーちゃんに対して、固有名詞じゃなくて、元彼のことを『友達』と言うとか」と挙げた。

すると再び松本が、「別れた原因は何ですか?」と踏み込んで笑いを誘い、きゃりーは笑顔を見せながら、「こうなるので、やめていただきたい」と制止していた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網