戻る


「安くて地味」な西武線沿線が買いなワケ

「ダ埼玉」という言葉が生まれるほど、埼玉県には華やかなイメージが乏しい。そこでも開発が遅れ気味で、地価も安いのが東京北西部とを結ぶ西武線沿線だ。しかし、西武ホールディングスの後藤高志社長は「所沢駅では乗降客が増加しており、周辺の“億ション”が完売した。西武線沿線は他私鉄にないアドバンテージがある」と胸を張る。その背景とは――。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網