戻る


男性が言う「人として好き」はどういう意味?

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

気になる彼に思いきって気持ちを伝えた結果、「人としては好きだけど……」。

成功?失敗?言われたほうとしては、嬉しいような気もしますが、でもなんかモヤモヤが残って消化不良ですよね。

僕も実際、過去に言われたことがあります(苦笑)。今回は、この「人として好き」について、男性の本音を探っていきたいと思います。

「人として好き」と言う男性心理とは?

「人として好き」と言う男性の心理とは。一見、ネガティブな意味でしかないと思い込む人が多いと思いますが、実はシチュエーションよって、プラスの意味なのか、マイナスの意味なのかに別れます。

シチュエーションとは、あなたが好きな気持ちを伝えた後の彼のアンサーか、それとも、彼から自発的あなたに言った言葉か。

それでは、シチュエーション別に、男性心理を具体的に紐解きます。

「人として好き」というアンサーの場合

まず、「人として好き」が、あなたが気持ちを伝えた後のアンサーの場合。

これは、「男性特有の相手を傷つけたくない気持ち」からです。

この場合は、あなたに情がわいてるものの、他に好きな人がいたり彼女がいたりなど、いろいろ理由からどうしても断るしかない場合、とにかくあなたを傷つけたくないときの男のいいわけです。

「人として好き」と彼が自ら発言した場合

飲んでる最中に、突然彼から「○○は人して好きだなあ。」と言ってきた場合。

これは、告白して傷つきたくないのでまずは反応を見たいという表れ。

彼は、本当は好きという気持ちをストレートに伝えたいけど、いったん「人として好き」でジャブを打って、あなたの反応を見たいと思っています。

プライドの高い男性や、シャイな男性が使うパターンですね。

もう一つは、「他の男との違いを見せたい」。

ストレートに好きと伝えるだけだと、他の男も同じようなことを言っているだろうという予測のもと、あなたに対して何か爪痕を残したい気持ちの表れ。

ありきたりな好きという表現より、「人として」という、表面的だけじゃなく内面も好きだよとアピールをしたいんです。

「人として好き」と言った男性と付き合える?

男性からの自分発信の「人として好き」なら、あなたの答えひとつで、彼と付き合えるでしょう。

逆に彼のアンサーの場合の「人として好き」なら、ていのいいお断りのサインなので、ここから挽回するするは正直大変です。

なぜなら、その答えを出すまでに、彼なりに悩んでいることがうかがえるから。

ライトに出会った情の薄い女性なら、そんな「人として好き」なんて言わずに、適当にあしらったり、音信不通になったり、いくらでも逃げられますからね。

ちゃんと相手を傷つけずに答えたいその想いには、かなりの決心があります。

「人として好き(アンサー)」から恋愛に発展させるには?

アンサーの場合の「人として好き」と言われた彼と、どうしても恋愛に発展させたいなら、長期戦に切り替えるべきでしょう。

要は、友達関係を継続すること。

あなたが気持ちを伝えて、「人として好き」と言われたら、いったんはそのアンサーに対して「ありがとう」という気持ちを伝えます。

彼の状況が変わる可能性もあるので、友達関係をキープしておいてチャンスをうかがいましょう。

一番NGなのは、「なんで?」と相手のアンサーに対して詰め寄ることです。

最後に

「人として好き」について男性の本音を掘り下げてみました。

意外と深いですよね。

僕が伝えたいことは、シチュエーションよって意味合いが変わるので、決して、全てがネガティブな意味じゃないということ。

ネガティブな意味の場合は、長期戦にはなりますが、いったん冷静になって、時間をかけてのアプローチに切り替えましょう!

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網