戻る


韓国の“ゴルフブーム”が終了? ゴルフ場利用者数が減少に転じる

韓国の“ゴルフブーム”が終了? ゴルフ場利用者数が減少に転じる

写真拡大 (全3枚)

韓国ゴルフ場の好況に“赤信号”が灯った。増加の一途をたどっていた韓国国内ゴルフ場の利用者数が、8年ぶりに減少したのだ。

韓国レジャー産業研究所(所長ソ・チョンボム)は、昨年のゴルフ場の利用者数を3584万6000人と集計。2017年の3625万2000人より1.1%減少したと、明らかにした。

【写真】韓国女子ゴルファー“神セブン”を一挙紹介!!

これは2011年以降、初めて利用者が減ったことを示しており、今後はゴルフ場が不況に入る兆しではないかという意見も出ている。

実際にこれまでゴルフ場の利用者数は、2007年に2000万人を突破した後、増加し続けた。 2011年には2600万人を超え、その後も毎年3〜8%増だった。この現象は、グローバル金融危機や若者のゴルフ離れでゴルフ場利用者数が減っているアメリカや日本とは、まったく違う点だった。

だが韓国も、いよいよ減少傾向に入った。2007年252万人にすぎなかった韓国のゴルフ人口は、2015年に399万人と最高水準を記録した。しかしレジャー産業研究所は、2017年は386万人、そして2018年は366万人に減少したと分析した。

韓国のゴルフ人口推移(単位は万人、2018年は推定値)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網