戻る


箱根山 噴火警戒レベル2に引き上げ(火口周辺規制) 地震が増加

箱根山 噴火警戒レベル2に引き上げ(火口周辺規制) 地震が増加

2019/05/19 04:51 ウェザーニュース

5月19日(日)2時15分、気象庁は神奈川県西部にある箱根山の火山活動が高まっているとして、火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表しました。箱根山の噴火警戒レベルは2015年11月からレベル1(活火山であることに留意)に下がっていて、約3年半ぶりのレベル2となります。

5月18日(土)から地震が増加

気象庁によると、箱根山では5月18日(土)5時頃から、芦ノ湖の西岸を震源とする地震を中心に、火山性地震が増加しています。▼火山性地震の発生回数(速報値)       地震回数 5月17日     0回 5月18日     45回 5月19日1時まで  1回人工衛星によるGNSS連続観測では、2019年3月中旬頃からわずかな地殻変動が観測されています。また、大涌谷周辺の想定火口域では、2015年以降活発な噴気活動が続いています。早雲地獄の噴気は少ない状態が続いています。このため、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があるとみられます。想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。噴火時には、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るため注意してください。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網