戻る


世界一の“酔っぱらい大国”判明、36か国調査で

世界一の“酔っぱらい大国”判明、36か国調査で

写真拡大

世界一の“酔っぱらい大国”はイギリスのようだ。

世界36か国、12万人以上を対象にした調査の結果、平均的なイギリス人は年に51.1回酔っぱらっていることが判明した(※世界平均は33回)。これによると、イギリス人はほぼ週1回は酔っぱらっていることになる。

その後、アメリカ(50.3回)、カナダ(47.9回)、オーストラリア(47.4回)、デンマーク(41.7回)、インド(41回)が僅差で続いているが、イギリス人のうち「飲みすぎた」と後悔するのは5人に1人、さらに主に女性のみに留まることが英国内では問題視されているようだ。

今回の調査を実施したGlobal Drugs Survey創設者のアダム・ウィンストック氏は次のように話している。

「飲みすぎは良くないと言われますし、それは事実です。しかし現在のガイドライン(国民保健サービス[NHS]による飲酒ガイドライン。1週間に14ユニットまで ※ワイン1本強程度)では、酔っぱらうことの楽しみについてが考慮されていないため、“ほろ酔い”と“泥酔”の違いについての説明が不明瞭なのです。それが1年に3〜4回なのか、毎週なのかの違いについてなどもです」

イギリスでは昨今、若者の間でのアルコール消費量の減少が話題になっている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網