戻る


「自由への逃走」に賭けて失敗した北朝鮮高官の悲惨な末路

金正恩(キム・ジョンウン)氏

写真拡大

北朝鮮の首都平壌郊外の教化所(刑務所)で、受刑者の元高官が脱走する事件が発生した。あえなく逮捕されたこの受刑者には、過酷な運命が待ち構えている。

平安南道のデイリーNK内部情報筋によると、事件が起きたのは3月1日のことだ。首都平壌から東に20キロほど離れた江東(カンドン)郡の垈里(テリ)労働者区にある江東4号教化所に収監されていた、平壌市対外経済委員会の元副局長の男性受刑者が脱走を図った。彼は、国家財産の横領罪で労働教化刑(懲役刑)15年を宣告され受刑していた。

情報筋は脱走の方法、動機などについては明らかにしていないが、北朝鮮の教化所で15年の刑期を満了し、五体満足で出て来られる可能性は決して高くない。受刑者はいちかばちかの賭けに出たのだろうが、逃げ出してわずか2日後に逮捕されてしまった。後述するように、当局は「見せしめ」として即刻、死刑を執行したもようだ。

(参考記事:「死刑囚は体が半分なくなった」北朝鮮、公開処刑の生々しい実態)

この教化所には1000人から4000人が収監されており、内部では他の教化所と同様に人権侵害が横行している。韓国の北韓人権情報センター(NKDB)に寄せられた証言によると、施設内ではペラグラ、肺炎、結核が流行しており、炭鉱での重労働を強いられるにもかかわらず、極めて貧弱な食事しか与えられていない。

そんな教化所からの脱走はしばしば起きているが、その末路は常に悲惨なものだ。

脱走事件は異例の速さで処理された。

受刑者の逮捕直後、人民保安省(警察庁)教化局長は緊急逮捕に関する対策執行に関する提議書を上級機関に提出し、同省予審局は翌日、教化局に緊急指示文を下した。つまり、事後処理で事を済ませようとしたということだ。

教化局は、教化所を管理する部署で、受刑者の収容、管理、北朝鮮全土の教化所の業務指導、統制、監督、赦免、減刑などを司っている。予審局は、捜査終了後起訴までの段階にあたる予審に関する指導、監督や、強姦、殺人などの重犯罪者の尋問、検察の捜査で逮捕された容疑者の追加捜査、拘留場の設置、運営、監督などを扱う部署だ。

本来、予審局は、業務や組織の構造からして、教化局に指示を下せないことになっているため、指示は予審局の上級部署から下されたものを単純に伝達しただけか、同時に両部署に伝達されたものと思われる。

逮捕後わずか2日で指示が下されたのは、当局が今回の事件を非常に重く見ていたことを示す。折しも光明星節(金正日総書記の生誕記念日)と最高人民会議の代議員選挙(3月10日)を控え、特別警戒態勢が敷かれていた。こうした期間中の不良行為は最高指導者の権威に対する挑戦とみなされ、政治的な事件とみなされる。

今回のケースも、事が大きくなれば教化所責任者のクビが飛ぶことになるためだろう。

指示の内容は次のようなものだ。

◯中央党の党検閲委員会は、10人(人民保安省教化局担当副部長1人、政治部副部長2人、組織部責任部員2人、捜査局部員2人、予審局責任部員2人、後方局責任部員1人)からなる緊急指導検閲グルパを組織すること。

◯人民保安省教化局生産副局長以下の責任イルクン(幹部)の政治思想生活、組織生活、教化局内の教化秩序生活、後方部門生活など、すべての分野における強力な党の検閲を2月7日から3月7日までの1ヶ月間行い、党中央に直接報告すること。

◯2月16日の光明星節を控えて起こったもので、鋭い政治的分析に基づき警鐘となる事件である。教化局教化所の中の受刑者に試験的に脱走者の末路を見せつける対策を作成、報告し、党の批准を経て、直ちに執行すること。教化所の中の収監者たちへの教養警告段階はすでに完了したので、党の信任と配慮に歯向かう者どもに対する厳格な法的処罰のレベルを高めるための対策案を準備、執行すること。

「公開処刑は教化所の中でやりました。教化生(受刑者)1600人を集めてやりました。江東第4教化所でやりました…銃殺する時には3人が前に出て9発を撃ちます。その前には、弾に当たっても生きていたなら生かしてやると言われたのですが、撃たれても生きていました。ところが、火力指導員が拳銃で頭を撃って殺してしまいました」(韓国の北韓人権情報センター(NKDB)に寄せられた元受刑者の証言)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網