戻る


大使館も本人と認めるスリランカ人を「他人」だとして収容する日本。このままでは生涯収容の可能性も!?

ダヌカさん名義のパスポート。スリランカ大使館は、これが間違いなく本人のものだと認定している

写真拡大

◆このままでは生涯、入管施設で暮らすことになる可能性も

 本人のパスポートで正式入国したのに、「他人である」との認定でもう1年9か月も法務省の入国管理施設に収容されているスリランカ人がいる。ダヌカ・ニマンタさん、37歳。スリランカ大使館も「間違いなく本人だ」と証明しているのに、日本政府はダヌカさんを「P氏」なる人物だとして譲らない。

 問題は、仮に日本政府がダヌカさんを強制送還しようと思っても、スリランカ大使館は本人ではないP氏名義のパスポートを発行するはずがなく、ダヌカさんは強制送還すらされないことだ。

 現在、ダヌカさんは、茨城県牛久市にある法務省の「東日本入国管理センター」(以下、牛久入管)に収容されているが、このままでは生涯を「牛久入管」で過ごす可能性がある。

 ダヌカさんは、自身がダヌカであることを証明するため、3月1日に法務省を相手取り東京地裁に提訴。5月31日に第一回目の口頭弁論が開かれる。

◆ブローカーの説明を信じて「P氏」のパスポートで初来日

 1998年。ダヌカさんは16歳のとき、P氏なる偽名のパスポートで来日した。その理由は、「未成年の16歳では日本の短期ビザを取得できない」とのブローカーの説明を信じ、成人のP氏としての入国を決めたからだ。

 そのままオーバーステイして、10年間を土木工事や溶接の現場で働いた。つまり、不法入国と不法就労をしたわけだが、2008年、これが発覚して強制送還される。

 ところがこのとき、日本の入管は詳細な身元調査を行わず、ダヌカさんが所有していたP氏名義のパスポートから、そのままダヌカさんをP氏と認識。ダヌカさんも「とにかく面倒なことにならないように、できるだけ早く帰国したかった」から自身がダヌカだと説明をしなかった。こうして、ダヌカさんはP氏として強制送還された。

◆取引を持ちかけてきた日本人に監禁され、入管に連行

 ダヌカさんは帰国後に会社を設立し、貿易業務に携わった。2009年、ダヌカさんは日本で知り合った日本人K氏から「知人のヤマモト・ヒロシがスリランカとの貿易をやりたがっている。取引しないか」との誘いを受ける。そして、ヤマモトと電話やメールで半年間に及ぶ商談を行い、実際の輸出に向けてスリランカ国営の医薬品製造会社から健康食品を扱う契約を結んだ。

 ところがその直後、ヤマモトは「事業費が足りない。当社に500万円を投資してほしい」との不自然な要請を寄せてきた。怪しい。ダヌカさんは、ヤマモトの会社の実態を確認しようと、2010年11月4日に再来日。このときは、「もう違法行為はしない」との意思で、本人名義の正式なパスポートと90日間のビザを携え入国した。

 ヤマモトは、成田空港からダヌカさんを千葉県八千代市の某マンションへと案内したが、すぐに判ったのは、ヤマモトの会社が詐欺目的のペーパーカンパニーだったことだ。ヤマモトはダヌカさんを3週間そこに軟禁し「投資しろ」と強要し続けたのだ。

 そして11月25日、その場所に入管と千葉県警の職員が訪れ、ダヌカさんは、警察署と東京入国管理局(以下、東京入管。東京都港区)へと連行された。

 なぜ、こんなことが起こるのか。ダヌカさんはこう推測する。

「ヤマモトは何が何でも私のカネがほしかった。だから私の過去を知ったうえで私を入管に売った。ヤマモトは、私が収容されているときも面会に来て『釈放するには金が要る。あなたのお金を私に任せれば、ここから出してあげる』と言ったんです」

 ダヌカさんはその話には乗らなかった。しかしここで問題となるのは、指紋を照合すると、日本政府にしてみればそこにいるのはかつて強制送還されたP氏だ。警察にも入管も「P氏がダヌカ名義のパスポートで入国した」と認識したわけだ。
  • 1
  • 2
  • 3

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網