戻る


復帰早まりリスク高く…エ軍大谷翔平は「死球禍」に要注意

大谷の復帰は間もなく(C)共同通信社

写真拡大

 昨オフ、右肘手術を受けたエンゼルス・大谷翔平(24)の復帰が前倒しされた。

投打低調で地区最下位…エ軍はビジネス面も深刻“大谷ロス”

 これまで慎重な姿勢を崩さなかったオースマス監督は23日(日本時間24日)、復帰時期についてキャンプ中に想定していた5月中旬よりも「少し早まった」と発言。投手相手の打撃練習が「まもなく始まる」と話していることから、打者としてのリハビリはいよいよ最終段階に入る。

 早ければ5月10日(同11日)からのオリオールズ3連戦で、昨年10月以来の打席に立つが、復帰後しばらくは患部への不安がつきまとう。オリオールズに加え、13日からのツインズ3連戦、17日からのロイヤルズ3連戦では死球のリスクが高いからだ。

 オリオールズのチーム総与死球12はリーグ5位。ツインズは8(同11位)ながら、昨季は80で同ワースト3位だ。昨季チーム最多の13だったべリオス(今季2)、8のオドリッジ(今季1)ら主力投手陣の顔ぶれは変わっていないだけに、大谷は打席で気が抜けない。

 投手陣の若返りを図ったロイヤルズは最も警戒が必要だ。いずれも3与死球の右腕ケラー、救援左腕ディークマンを筆頭に、チーム総与死球15はリーグワースト。厳しい内角攻めも辞さない投手が揃っている。20日からは再び、ツインズ3連戦が組まれており、復帰してからしばらくは執ような内角攻めから逃れられそうもない。

 昨季の大谷は8月25日のアストロズ戦で、自軍投手が主砲アルトゥーベにぶつけた報復を受けるなど2死球。昨季、新人王に選ばれた力量は他球団も十分把握しているだけに、故障明けでも厳しくマークされそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網