戻る


DeNA、泥沼の8連敗 九回2死、守護神・山崎康が痛恨の逆転3ラン被弾

9回、逆転3ランを放つ阪神・近本光司=横浜スタジアム(撮影・中田匡峻)

写真拡大

 「DeNA3−5阪神」(25日、横浜スタジアム)

 DeNAは九回2死から悪夢の逆転負け。15年6月以来4年ぶり、泥沼の8連敗となった。同一カード3連戦3連敗で借金5、単独最下位に転落した。

 1点リードの九回、2死一、三塁。守護神・山崎康が阪神のドラフト1位・近本に左翼席へ逆転3ランを被弾。本拠地のDeNAファンから、悲鳴があがった。

 先発・今永は7回2失点と力投したが、3勝目は消滅。打線は2点ビハインドの展開から粘り強く追いかけ、六回にソトが同点の8号ソロ。七回に伊藤光が2号ソロで勝ち越した。だが、あとアウトひとつで勝利を逃し、重苦しいムードを振り払うことはできなかった。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網