戻る


ビール売り子に不評"現金不可"の楽天球場

■高齢男性「何がなんだかさっぱりわかんねぇ」

プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスのホーム球場では、2019年シーズンから完全キャッシュレス化に取り組むと発表した。現金主義が根強く、諸外国から比べてキャッシュレス決済の浸透が遅れている日本でうまくいくのか、プレジデント誌編集部が出向いた。

現金は使えないというが、コインロッカーは現金のみに対応していた。

19年4月3日、楽天イーグルスのホーム2戦目、北海道日本ハムファイターズ戦はみぞれが降る寒い日に開かれた。仙台市の「楽天生命パーク宮城」の敷地内に入るとスタッフがキャッシュレスに移行したことを、メガホンで叫んでいた。ホーム開幕戦でトラブルはなかったのかと質問すると「何もなかった」と笑顔で返された。

球場で使える主な決済方法は、ICカードの楽天Edy、スマホアプリの楽天ペイ、クレジットカードの3種類。日本で一番認知度が高いとされるSuicaといった交通系ICを使えないことには不便さを感じざるをえない。編集部員は楽天カードを持っており、それに付随するEdy機能を使ってみようと現金をチャージすることにした。

チャージ機の順番を待っていると、後ろからため息が。「何がなんだかさっぱりわかんねぇ」。高齢男性だった。

■ビール売り子「クレカ決済だと電波状況に左右される」

この男性以外にも、球場内の飲食店で「やり方がわかんない」と苛立つ高齢者がいた。仙台市の60代男性も「キャッシュレスデスク」で十数分、スタッフに怒っていた。編集部員が男性に話を聞きにいくと「ジェット風船に割引が利く」という理由で、数年前から球場でEdyを使っていたという。

「その制度はなくなったみたい。それはいいが、これまでのEdyでは何かを買っても、もうポイントが付かないって言われた。『ポイントを付けたいなら数百円で新しいカードを作って』と。そんなのおかしくないか」

後日、楽天広報に聞いたところ「個別の詳細な状況がわかりかねるため、お答えしかねる」と返答された。実際に男性がどんな説明をされたかは確認できないが、男性を混乱させたのには違いない。現金主義の高齢者には少々優しくない球場のようだ。

毎度チャージすることが面倒に思ったので、編集部員もキャッシュレスデスクにEdyを自動チャージする方法を尋ねてみた。すると、スタッフ5人がEdyの公式HPをパソコンで読み始めた。開幕から数日ということもあるのか、スタッフも戸惑っていた。

さて、この決済完全キャッシュレス化を現場はどう思うのか。ビール売りの女性は「Edyだと現金より処理が楽だが、クレカだと電波がセンターとつながりにくくなることがあり、そうなると手間だ」と話す。球場の外で出店していた男性店主は「磁気のクレカはなかなか読み込めないときもある。お客さんが並ぶので、現金での支払いもOKにしてほしい」と漏らした。

■コインロッカーは現金のみの対応

ちなみに、球場の看板には「現金が利用できない」旨が書かれているが、コインロッカーは現金のみの対応だった。交通系ICが使えるロッカーは駅でよく見かけるが、導入は難しかったか。一部自販機も現金が使えた。

そのほか、ゲームコーナーではタイトー製の電子マネー決済端末が使用されていた。同社HPを見ると、さまざまな電子マネーに対応できるようだが、ここで使えたのはやはりEdyのみ。クレーンゲームを遊んでいた20代男性は「交通系ICにも対応可能なら、ケチケチせずにそっちを使わせてほしい」と不満そうだった。

キャッシュレス利用者が多い若者に対しても、球場のキャッシュレス化が利便性を高めているのかは疑問だ。楽天は「意見や反応を見ながら、対応サービスの拡充を検討していく予定」だという。

試合は楽天が勝ち、基本的には非現金化による大きな混乱は起きていなかった。しかし一部ファンを切り捨てているようにも感じた。キャッシュレスが日本より進む米国の一部自治体では「低所得者を排除しかねない」と、現金払いを残すように小売店に義務付けている。楽天は「大きなご意見はいただいていないが、すべてのお客様にとってキャッシュレスが障壁に感じることのないよう、案内やサービス向上に注力する」としている。

(プレジデント編集部 撮影=プレジデント編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網