戻る


演技より気になる…長谷川京子NHK「ミストレス」での“唇と顔”

長谷川京子(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 19日からスタートしたNHKの連ドラ「ミストレス―女たちの秘密―」。英国で制作された「Mistresses」のリメークである。英国版が人気を博し、その後、米国、ロシア、スロバキア、韓国でもリメークされ、満を持しての日本版となった。

激ヤセ疑惑を払拭 長谷川京子の“美しい谷間”にファン歓喜

 しかも放送されるのは、金曜夜10時の「ドラマ10」枠。「トクサツガガガ」「昭和元禄落語心中」「透明なゆりかご」と、このところ続けて話題作を送り出している注目枠なのである。

 そんな「ミストレス」の主演は長谷川京子(40)。19日の第1話から、不倫相手の建築家と濃厚なキスシーンを繰り広げるなど、体当たりで取り組んでいる様子なのだが、視聴者は〈長谷川京子ってあんな顔だった?〉〈腫れた唇が気になって、演技に集中できない〉〈見るたびに顔が違う〉……内容や演技より、どうやら長谷川の“顔”の方が気になるようである。

「長谷川さんは独身の内科・心療内科医を演じているのですが、1話目の彼女の登場シーンの照明がとにかく暗かった。そのせいか、黒髪のロングヘアからのぞく唇が、いつもより一層際立ってしまった感があるのは否めません」と話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏。こうも続ける。

「ここ何年か〈長谷川さんの顔が変わった〉というのは、ネット上でも話題になっています。検索サイトによっては『長谷川京子』と入力すると、関連ワードに『顔 変化』と出てくるほど。ネット上ではモデルの平子理沙さんと〈見分けがつかなくなってきた〉なんて声も多い。初回放送直後には、〈叶姉妹に寄せてきてる?〉なんて感想までありました」

 期待値が高い「ドラマ10」枠だけに、長谷川の顔ばかりが話題になるのは、制作サイドにとっても本意じゃないだろう。

「もっとも、ドラマの内容そのものに関する感想も、英国版や韓国版と比べて〈テンポが悪い〉〈設定に無理がある〉といったマイナス評価が少なくありませんね」(テレビ誌ライター)

 前出の山下氏が言う。

「私の懸念材料は、長谷川さんより、共演の元AKB48・篠田麻里子さんでしょうか。彼女が出演した前クールの連ドラ『後妻業』でも、〈演技が下手〉という声がネット上にあふれ返っていました。今回はキーパーソンとなる重要な役どころとみられているだけに、その演技を見た視聴者が興ざめして離脱しないか、心配です」

 長谷川の“唇”と篠田の“演技”。ある意味、見どころ満載かも?

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網