戻る


「いだてん」追加キャスト明らかに、初の大河出演に向け皆川猿時が大幅減量

 「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」の出演者。前列左から上白石萌歌、阿部サダヲ、斎藤工、皆川猿時。後列左からトータス松本、三浦貴大、林遣都、大東駿介。

写真拡大 (全4枚)

NHK大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」の追加キャスト発表会が、本日4月24日に東京・NHK放送センターで行われた。

【この記事の画像(全12件)をもっと見る】

宮藤官九郎が脚本を手がける本作は、オリンピックの知られざる歴史を描くドラマ。本日の会見では、阿部サダヲが日本にオリンピックを招致した男・田畑政治を演じる第2部のキャストが発表された。

出演が明らかになったのは、斎藤工、林遣都、三浦貴大、大東駿介、上白石萌歌、皆川猿時、トータス松本の7人。斎藤は日本水泳界のスター・高石勝男、林は1932年のロサンゼルスオリンピック400m自由形で銅メダルを獲得した大横田勉、皆川は日本代表の水泳監督を務めた松沢一鶴、上白石は日本人女性初の金メダリスト・前畑秀子を演じる。また、水泳選手としてもアシスタントコーチとしてもオリンピックに参加した野田一雄役を三浦、日本人初のオリンピック連覇者である水泳選手・鶴田義行役を大東が演じるほか、NHKのスポーツアナウンサー・河西三省役にはトータスがキャスティングされた。

阿部は「頼もしい方たちが集まってくれてうれしいです」と挨拶し、「皆さん3カ月くらい稽古して、エキシビションのシーンを撮ってきて。仲よくなっている最中なので、今日はすごくうれしいです」と笑顔を見せる。

脚本家の宮藤や、出演者の阿部、松尾スズキ、荒川良々、三宅弘城らと同じく大人計画に所属する皆川は「大河ドラマ初出演のプレッシャーで痩せたわけではございません。最初は25kg痩せてほしいと言われましたが、それはないだろうと思って20kgで手を打ちました」と大幅に減量したことを明かしつつ、「ご近所の奥さんからは『皆川さんちのお父さんはご病気かしら』と。病気じゃないと言えるこの日を待ち望んでおりました」と話し、会場の笑いを誘った。

「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」は、NHK総合にて毎週日曜20:00から放送中。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網