戻る


なぜJYJユチョンは記者会見で涙ながらに「悔しい」と訴えたのか

なぜJYJユチョンは記者会見で涙ながらに「悔しい」と訴えたのか

写真拡大 (全2枚)

パク・ユチョンは、なぜ「悔しい」と涙ながらに訴えたのだろうか。

真実が明らかになった。JYJのメンバー、パク・ユチョンの薬物反応検査で、陽性反応が出た。検察などの捜査当局によると4月23日、この事件を捜査している京畿南部地方警察庁麻薬捜査隊は、国立科学捜査院からパク・ユチョンの体毛からヒロポンが検出されたという通知を受けた。

これによって、パク・ユチョンの元婚約者である南陽(ナミャン)乳業創業者の孫娘ファン・ハナの「パク・ユチョンと一緒に麻薬を使用した」という供述が、事実であることが明らかになった。

パク・ユチョンは鑑定結果が出る直前までも、「絶対に麻薬をしたことがない。ファン・ハナに騙された」と無念を訴えていた。記者会見では、やつれた姿で涙を見せながら、重ねてファン・ハナの言葉が嘘であることを強調した。

そのため、少なくない関係者から「あそこまで記者会見をするのだから、(麻薬は)していないのではないか」という慎重な意見も出ていた。

【写真】JYJユチョン、「麻薬は絶対にやっていない」と全否定。元婚約者への思いも打ち明ける

しかし結局、パク・ユチョンの涙は嘘であり、誰もが騙されることになった。パク・ユチョンはどういうつもりだったのか。涙の意味が疑われるばかりだ。

記者会見を開いて疑惑を強く否定したパク・ユチョン

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網