戻る


無免許運転の疑いで逮捕 実際は免許証は有効 警察が謝罪

高知県の土佐警察署の警察官が23日、ミニバイクで事故を起こした19歳の少年について「無免許で運転していた」と話したのをうのみにして、その場で無免許運転の疑いで逮捕した。しかし、実際は免許証は有効で携帯していないだけだったことが分かり、約5時間後に釈放して家族に謝罪した。NHKニュースが報じた。

少年は2018年9月に90日間の免停処分を受けたが、その際、警察に免許証を預け、取りに行かないまま処分の期間が過ぎた。この期間中に無免許運転で摘発されたため、少年は免許が取り消しになっていると思い込んでいたという。

・少年を無免許運転の疑いで逮捕 実際は免許証は有効 警察が謝罪(NHKニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網