戻る


照明? テーブル? ソニーがミラノで見せたロボットの新しい形

Photo: ソニー

これ、新しい照明?

天井から吊るされた大きな鳥かごのような球体。手を近づけると中にある振り子のアームがサーっと回転してきてかざした手をアームの先の光で照らします。かざしていた手を別の場所に動かすと、またアームが回転して、その後を追ってきます。

これって、一体なに?

照らすロボットとそれをつくった英国ソニーのデザイナー、八代昇吾さん
Photo: Nobuyuki Hayashi

実はこれ、ソニーが提案する新しいロボットの形のひとつです。世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク」で展示されました。

ソニーと言えば、もともとかっこいい製品デザインで定評のある会社。そのデザインチームが普段からどんなことを考え、どう社会に関わろうとしているかがわかるのがデザインウィークでの展示です。

ソニーは昨年8年ぶりにこのイベントに復活し「HIDDEN SENSES」というタイトルで日常生活の中に目立たず溶け込むテクノロジーのあり方を見せていました。今年はそれをさらに進化させた提案を展示する展覧会「Affinity in Autonomy:」を開催。

「Autonomy」は「自律性」、「Affinity」は「密接な関係」のこと。これからの時代、日常生活の中に自動運転車やロボットなど、いちいち人間に指示されることなく、勝手に動き回る機械が増えていくことは、誰の目に見ても明らかですよね。でも、そうした機械が人間に威圧感や恐怖を与えるのは、なんかちょっと嫌。それなら、いったいどんな形になれば、私たちの日常に自然に溶け込めるのか。

そんなテーマのもと、ソニーのデザイン部門は4種類のロボットの提案展示をしていました。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網